[PR]

映画「洗骨」に主演 奥田瑛二(68)

 断言しよう。奥田瑛二史上、サイコーにふがいない、サイテーのお父さん役になりきっている、と。

 沖縄の小さな離島、粟国島(あぐにじま)の、とある家族の物語。朝っぱら、洗いざらしの肌着とブリーフだけ身に付けたお父さんは、起きぬけにストレートの泡盛をコップであおっている。底なし沼にはまり、抵抗もむなしく沈んでゆく人のような、みじめな顔つきをして。

 事業が行きづまって借金を抱えたうえ、妻に先立たれてしまった喪失感を持てあまし、現実逃避しかできなくなっていた。家族は崩壊寸前。そんな初老の男を、なりふり構わず演じた。

 脚本と監督は、沖縄出身のお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之。なぜ、主演を望まれたのか。

 「シナリオを読んでから、喫茶…

この記事は有料会員記事です。残り608文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。