[PR]

 心に響いた言葉とまつわるエピソードを中学、高校生から募った「私の折々のことばコンテスト2018」(朝日新聞社主催、朝日中高生新聞共催、Z会、栄光ゼミナール特別協賛)で、北陸高校1年安川なみさん(16)が高校部門の佳作に選ばれた。安川さんが選んだのは、小学5、6年生の頃、担任だった男性教師にかけられた言葉だった。

 哲学者・鷲田清一さんが朝日新聞の1面で続ける「折々のことば」にちなんだコンテスト。学者や作家、漫画家、主婦まで古今東西の様々な人の言葉を紹介する人気コラムだ。

 コンテストには、全国から計2万7404点の応募があり、最優秀賞などの賞に11人が、佳作に20人が選ばれた。

 安川さんは生まれつき左目が見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら