[PR]

 大津市最北部の市立葛川小・中学校の中学2年生4人が地元を盛り上げる標語入りポスターをそれぞれ自作し、15日に地域住民や子どもらによる「総選挙」でグランプリ作品が決まった。選ばれたのは小谷朝日さん(13)の「通えるド田舎」のポスター。今後葛川支所に掲示される予定。

 山あいの同校は小学生26人、中学生12人の小規模校。2018年度からの3年間、小学校の新入生がゼロになる見込みだった。廃校の危機を乗り越えようと、17年7月に市内で初めて「小規模特認校」の指定を受けた。市全域から児童・生徒を募集し、これまでの学区の外から計19人が仲間に加わった。

 同校が日頃から重視しているのが、総合的な学習の時間などを使った地域との交流だ。これまでも地域のゆるキャラづくりや防災マップの作成などに取り組み、昨秋は県知事から表彰を受けた。

 今回の「ポスター総選挙」もこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら