[PR]

 金沢を訪れる観光客らが行き交う兼六園下交差点にある兼六園下交番(金沢市小将町)の窓辺に、訪日客も興味を抱いて写真に収めるひそかな「名物」がある。毛糸で編まれた加賀鳶(とび)の衣装を着た小さなキューピー人形たち。一体、だれが交番にこんな可愛らしい人形を――。

 以前からずっと気になっていて兼六園下交番に思い切って聞いてみたが、事情を知る人はいなかった。金沢中署に問い合わせても「わからない」。無理かと諦めかけた時に中署から折り返しの電話が鳴った。なんと、贈り主の手紙が保管されているという。手紙の差出人である宮岸伸彦さん(63)=石川県野々市市野代=の自宅に伺った。

 「母が僕にくれたお気に入りのもの。5年前に新たに持って行きました」。兼六園下交番に飾られている加賀鳶などのキューピー人形11体の衣装を手がけたのは伸彦さんの母、岡島松枝(まつえ)さんだという。その松枝さんは24年も前に亡くなっていた。なぜ人形を?

 三男の伸彦さんが高校生の時に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら