[PR]

 中国の最高裁にあたる最高人民法院で民事裁判の記録が消え、担当裁判官が上司の介入を告発した――。いったい何が起きたのか。前代未聞のスキャンダルは、トップの院長や党上層部の関与まで疑われる事態になっている。(北京=延与光貞)

 「最高法院には泥棒がいるのか?」

 元国営テレビの人気司会者、崔永元氏が昨年末にSNSでつぶやいた一言が発端だった。陝西省の炭鉱開発権をめぐり、最高法院で争われた訴訟の記録が審理中になくなっていたと指摘。瞬く間に広まった。

 崔氏は2千万人近いフォロワー(読者)を持つ。昨年、俳優范冰冰(ファンビンビン)さんの脱税疑惑を暴露したことでも知られ、内部告発者の「駆け込み寺」になっている。

 裁判は2017年末に終わっていた。最高法院はメディアを通じ「記録は全て保管されている」と否定したが、崔氏が暴露を続けるのに耐えきれなかったか、2日後に「調査を開始する」と前言を翻した。

告発の自撮り動画

 さらに世間を驚かせたのは、最高法院で訴訟を担当した王林清裁判官の自撮り動画がネットに流れたことだ。16年11月に記録がなくなった時の状況を語り、上司にすぐ報告したこと、監視カメラを調べるよう求めたが2台とも壊れていたと言われたことなどを説明した。王裁判官自身も崔氏と連絡をとっていた。

 1月8日、共産党中央政法委員会の指揮で、国家監察委員会、最高人民検察院(最高検)、公安省の合同チームが調査に乗り出した。消えた記録には、法院の上司の指示や関係当局の意見が書かれた部分があり、意図的に持ち出された可能性が指摘されている。

 王裁判官は「上司から差し戻し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら