[PR]

 国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)は15日、殺人など人道に対する罪に問われていたコートジボワールのバグボ前大統領(73)に無罪を言い渡した。バグボ氏が関与した証拠が不十分とした。

 バグボ氏は2010年11月の大統領選で敗れたものの退任を拒否。勝利したワタラ大統領側とバグボ派の武力衝突に発展し、多数の死者を出した。バグボ氏は11年4月に拘束され、その後、10~11年に同国での殺人やレイプなどに関わった疑いがあるとして、ICCに身柄を移されていた。(ブリュッセル=津阪直樹)