[PR]

 昨年10月、南側に新しい改札口ができた。長さ約100メートルの歩道も整備され、サルスベリやシラカシのほか、草花も植えられた。駅の表情が変わった。ちょっとしたオアシスのような空間になった。

 大正期の常総線開業当時からある古い駅の一つで、改札は北口だけだった。新たな改札口は、駅そばに研究所を新設した準大手ゼネコンの前田建設工業(本社・東京)が建設費用を負担した。毎朝、約100人の社員らが改札を通る。常総線全25駅のうち、線路の両側に専用改札口があるのはこの駅だけだ。

 駅の南には茨城県取手市役所や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも