[PR]

 福井県内の農家民宿や農家レストランの集客力アップを狙った料理研修が16日、福井県越前市安養寺町のふくい農業ビジネスセンターであった。民宿経営者らが県内産の食材を使った新メニューを作り、プロの料理家からアドバイスを受けた。

 鯖江市河和田町で農家民宿「椀de縁」を営む荒木真弓さん(57)は昨年から栽培を始めた米と大豆を素材にお膳を作った。

 無農薬無肥料の自然栽培で作った自家製の大根やニンジン、ゴボウでがんもどきをつくり、青大豆と小豆を炊き込んだ豆ご飯、へしこのぬかから作ったふりかけで大根のあえ物を作り、お膳を仕立てた。

 味見をした参加者からも好評で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら