[PR]

 堺市南区の大阪府道で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末、車で追突してバイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の第2回公判が16日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で始まった。被告の妻が出廷し、被告が逮捕後に「取り返しがつかないことをした」と語ったなどと証言した。

 検察側は、被告が昨年7月2日夜、大学4年の高田拓海さん(当時22)=同市西区=運転のバイクに自車前方に入られたことに立腹して追跡し、故意にバイクに追突して高田さんを殺害したと主張。これに対して弁護側は、被告はバイクに腹を立てたことはなく、前方に現れたバイクにブレーキが間に合わず衝突したと殺意を否定して、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)罪にとどまると訴えている。

 妻は証人尋問で、被告が府警に逮捕された後の面会で「取り返しのつかないことをした。申し訳ない」と反省していたと証言。被告の日常の運転について「少し危ない面があり、ブレーキを踏むのが遅い癖があったと思う」と述べた。

 検察側が、「被告が衝突前に車線変更したのはバイクの追跡のためではなく、妻と食事に行くことにしたため」とする弁護側主張について、普段のように被告から迎えに行くと連絡があったか尋ねると、妻は「なかった」と述べた。(坂東慎一郎、多鹿ちなみ)