[PR]

 16歳の少女にみだらな行為をしたとして、栃木県警は16日、真岡市亀山、公立中学校教諭菅生貴大容疑者(43)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、菅生容疑者は昨年10月中旬ごろ、県南に住む無職の少女(当時16)に数万円を渡し、県内のホテルでみだらな行為をした疑いがある。2人はSNSで知り合ったといい、面識はなかったという。11月に少女が別の件で補導されたことをきっかけに発覚した。