[PR]

 千葉県教育委員会は16日、県立銚子高校の男性教諭(57)を停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。男性教諭は退職を申し出て、同日付で退職した。

 県教委によると、教諭は昨年12月28日、同県旭市のリユース店で小説「下町ロケット」の単行本など計5冊に、店内の別の本からはがした108円の値札を貼り重ねて、本来の価格計3700円との差額3160円をだまし取ろうとした。店員がレジで教諭に声をかけて別室で話を聞いたところ、貼り重ねを認めたため県警旭署に通報。教諭は詐欺未遂容疑で事情を聴かれたという。

 この2日後に教諭の母親が校長に連絡し、発覚した。教諭は県教委の聞き取りに「年始にテレビで特番もあるので読んでみたかった。安く買いたかった」と話したという。(寺崎省子)