[PR]

 堺市南区の大阪府道で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末、車で追突してバイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の被告人質問が16日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)であり、中村被告は過失による事故だったと改めて訴えた。

 被告は昨年7月2日午後7時35分ごろ、大学4年の高田拓海さん(当時22)=同市西区=運転のバイクにパッシングなどを繰り返した行為について、「バイクが突然前方に現れたので危険を感じ、僕の存在を知らしめるためにやった」と説明。被告が腹を立て、高田さんが車線変更しても加速して追跡したとする検察側主張には「妻を迎えに行くために(妻の勤め先がある方向へ)車線変更した。バイクへの意識はなかった」とし、あおり運転を否定した。

 検察側が殺意をもって車をバイクに衝突させたとする点については、前に入ってきたバイクが加速して離れて見えなくなったが、「(再び)目に入って1秒くらいで衝突した。考え事をしてぼーっとしていた」と述べた。

 衝突後に「はい、終わりー」と言ったのは、「事故を起こして仕事ができなくなり、僕の生活が終わったと思った」と説明。警察で高田さんが亡くなったと知り、「社会人として飛躍される方を邪魔してしまった。深く後悔する気持ちになった」と述べた。遺族側に謝罪の手紙を送ったといい、「今後は一日でも早くおわびと謝罪をさせていただきたい」と話した。

 また、被告は当日午後6時ごろに仕事を終えて会社近くの立ち飲み屋で生ビール2杯を飲み、午後7時10分ごろに妻を勤務先まで迎えに行くため、駐車場に止めていた車で出発したと述べた。

 17日には論告求刑公判があり、高田さんの母親(45)と妹(21)が意見陳述する。判決は25日。(坂東慎一郎、多鹿ちなみ)