[PR]

 国内製薬最大手、武田薬品工業によるアイルランドの製薬大手シャイアーの買収が今月完了した。買収総額は約6・2兆円。創業230年を超す老舗は、日本発のメガファーマ(巨大製薬会社)へと姿を変える。社運をかけた大型買収の行方は――。

 江の島を望む神奈川県藤沢市の海岸から北東に約5キロ。サッカー場35面分に相当する広大な敷地に地上10階の建物が5棟並ぶ。国内製薬最大手、武田薬品工業が約1500億円を投じて2011年に完成した国内唯一の研究所「湘南ヘルスイノベーションパーク(旧湘南研究所)」だ。合成化学や生化学などの研究ができる76のエリアを備える。

 武田は昨年4月、創薬ベンチャーや異業種の企業、大学の研究者らにこの地を本格的に開放した。社外との連携を通じて創薬のきっかけをつかむのが狙いで、研究所の名前も変えた。実験器具などがそろう一角を有料で貸し出している。

 廊下沿いの畳のスペースには、企業や大学の研究者の笑い声が響く。近くでビリヤードを楽しんだり、ハンモックでくつろいだりする人も。同パークの藤本利夫ジェネラルマネジャーは「身近な交流から提携のきっかけが生まれるよう工夫した」と話す。すでに日本IBMや横河電機、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥氏の研究チームなど29の企業や外部機関がパーク内に拠点を設けた。23年度までに計200の企業や研究機関を誘致する考えだ。

 日本の製薬企業が自社の「機密情報」が集まる研究所を外部に開放するのは珍しい。異例の決断からは、00年代以降、自社で有望な新薬を生み出せていない武田の苦境が透けて見える。

 武田は1781年、和漢薬の仲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら