[PR]

上七軒(かみしちけん)

 室町時代の北野社(現在の北野天満宮)修造の際、残った用材で七軒の茶屋を建てたのが起源。1587(天正15)年、豊臣秀吉が催した北野大茶湯の際に休憩所となり、秀吉から茶屋株(営業権)を与えられた。西陣に近く、織物の旦那衆の奥座敷としてもにぎわった。舞踊は花柳(はなやぎ)流で、上七軒歌舞練場で春に「北野をどり」、秋に「寿会」の公演がある。