[PR]

 16日午後3時35分ごろ、三重県亀山市安坂山町の新名神高速道路上り線の鈴鹿トンネル内で、観光バスや大型トラックなど3台が絡む事故があり、バスの乗客ら約20人が頭などを打ち、軽傷を負った。

 県警高速隊によると、観光バスが前方を走る大型トラックに追突。はずみでトラックがさらに前方の中型トラックに衝突した。現場はトンネルの出口付近で片側2車線の直線。事故当時は工事による速度規制で断続的に渋滞していた。バスの乗客は滋賀県で観光した後、愛知県内に戻る途中で、バスには添乗員などを含めて49人が乗っていたという。