[PR]

 堺市南区の大阪府道で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末、車で追突してバイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の第3回公判が17日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)であった。被害者遺族が意見陳述し、検察側は懲役18年を求刑。被告側は殺意を否定した。判決は25日。

 検察側は、被告が昨年7月2日午後7時35分ごろに乗用車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22)=同市西区=運転の大型バイクに追い抜かれたことに腹を立てて追跡し、故意に追突・転倒させたと主張。論告では被告などの車のドライブレコーダー映像を再生し、衝突が確実と認識していたのに回避を試みておらず、殺意は明らかだとした。

 その上で、「まれにみる殺人運転で、将来がある若い被害者を死亡させた」と非難。「あおり運転や交通トラブルが後を絶たない現状の中で、厳しい処罰を社会が求めている」と述べた。

 一方、弁護側は最終弁論で、高田さんの運転に腹を立てたことはなく、バイクに気づいてブレーキをかけたが間に合わずに衝突したとして改めて殺意を否定。続いて中村被告は「尊い命を奪ってしまったことに対し反省し、謝罪したいと思います。誠に申し訳ございませんでした」と述べた。

 論告求刑と最終弁論に先立ち、高田さんの母親(45)が意見陳述し、「拓海がどれだけ怖い思いをしたか、痛い思いをしたか、悔しい思いをしているかわかりますか? 拓海の人生を返してください。一生許すことはできません」と訴えた。

 高田さんの妹(21)は「なぜ何も悪いことをしていない兄が殺されたのか。被告には本当のことを話してほしいと思っていたが、うそとしか思えない言い訳ばかりだ。被告がただの事故として終わらせようとしているのを見ると、怒りがこみ上げてきた」と述べた。(坂東慎一郎、畑宗太郎)