[PR]

 1月14日、快晴の埼玉スタジアム(さいたま市)で全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われた。千葉県代表の流通経大柏が決勝まで駒を進めたが、最後の一手が届かず準優勝に終わった。選手たちは悔しさがこみあげていたが、高校生活の集大成となる大舞台で最後まであきらめずに戦いぬく姿に、胸が熱くなった。

 翌15日、ジェフユナイテッド市原・千葉のチーム一同は沖縄県南城市へ移動した。約20日間のトレーニングキャンプがスタートし、いよいよ2019シーズンに向けて本格的に動き始めた。今回はそのキャンプの目的について触れていきたい。

 一つ目の目的は、選手が長いシーズンを戦い抜く体の基盤をつくることだ。20日間寝泊まりする施設には、グラウンドやトレーニングルームが隣接しており、普段よりも圧倒的にサッカーに取り組む環境が整っている。加えて、温暖な沖縄の地を選ぶことで、屋外のピッチで行う実践的な練習をより強化することができる。また、一日を通してチームの方針に沿った食事を提供することで、栄養面からも体づくりを強化することができる。

 二つ目の目的はチームビルディ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも