[PR]

 自閉症など発達障害の子どもが進学や進級でつまずかないために、学校にはどんな支援が求められるのでしょうか。専門家は「保護者とよく相談して計画を立て、その子に合った切れ目のない指導が望ましい」と指摘します。

 三重県に住む自閉症の男児(7)は2017年春、公立小学校に入学した。障害のある子どもが専ら学ぶ特別支援学校ではなく、地域の小学校の中にある特別支援学級を両親が望んだ。「友達から刺激を受けて成長できる」と母親(36)は喜んだが、学校生活が始まると戸惑うことが増えた。

 自閉症は発達障害のひとつで対人関係や社会性をうまく築けず、言葉の遅れ、行動や興味の偏りが特徴だ。男児の担任は30代で、特別支援学級を担当して3年目だった。男児は給食の好き嫌いをとがめられ、「おかずを食べるまでご飯はあげない」と言われたり、持参した幼児用箸を使うのを禁止されたりした。

 国語や算数は、ゆっくり復習に重点を置いて基礎を身につけさせてと母親が要望したが、担任は「通知表をつけられない」と先に進めることを優先。男児は授業に集中できないときなどに、「それじゃ立派な2年生になれないね」と教諭に言われて傷つき、「なれないね、僕は」と繰り返したことも。思いが伝わらないストレスからか、壁に頭を打ち付けるようになった。

 母親は「苦手なことをわがまま…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら