[PR]

 千葉市は、大規模マンション内に保育所を設置する場合、居住者が優先的に入所できるようにする制度を新たにつくった。子育て世帯が急増するなか、大規模マンションが新設された地域の保育所が「激戦区」になることを避ける狙いで、適用の第1号となる保育所が4月に開所する。こうした認可保育所の設置は首都圏では珍しいという。

 同市美浜区の若葉地区で開発が進む「幕張ベイパーク」内に設置される「(仮称)京進のほいくえんHOPPA幕張ベイパーク」(定員計70人)。パーク全体の開発面積は約17・5ヘクタールで、タワーマンション6棟を建設する計画を進めている。1棟目は既に完成しており、3月に入居が始まる。

 市は昨年10月、マンション内への保育所設置が進むように、居住者が優先入所できるようにする制度を策定。入居者や入居予定者は保護者が共働きしているなど保育の要件を満たせば、勤務時間など就労の状況に関係なく優先的に入所できるという。制度は500戸以上のマンションを建設する際に適用となり、幕張ベイパークが第1号となった。1次募集が締め切られた昨年末の時点で「マンションへの入居予定者の申し込みが多い」(市幼保支援課)という。

 市によると、これまでも大規模…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら