[PR]

 新潟県内でストーブやファンヒーターが原因の火災が相次いでいる。特に空気が乾燥する冬は危険が高まるため、消防などが注意を呼びかけている。火災から身を守るにはどうすればいいのか。

 1月11日昼過ぎ。新潟市秋葉区の木造2階建て住宅の6畳の居間で、住人の男性(73)が反射式の石油ストーブをつけようと点火ボタンを押した。

 10年ほど前から使ってきたストーブで、操作には慣れていた。だが、火が付かない。ライターで燃焼筒に直接火を入れた。しばらくすると、黒煙が立ちこめた。

 「火事です、火事です」。火災…

この記事は有料会員記事です。残り1793文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース