[PR]

 浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市)が初めて企画したカレーが発売された。門前のレストラン「六堀(ろくぼり)」で食べられる「執行長(しゅぎょうちょう)カレー」だ。

 実務トップの武田昭英(しょうえい)執行長(74)の故郷の広島にちなみ、広島風お好み焼きをイメージ。キャベツのマリネと鶏肉を載せ、オイスターソースを加えた。

 サラダつきで税込み980円。同宗は肉食も認めており、武田さんも18日に完食。ボクシングの国体選手だっただけに、「パンチが効いていておいしい」。