[PR]

 日本学生野球協会と県高校野球連盟の今年度の優秀選手の表彰式が18日、神戸市中央区の神戸朝日ビルで開かれた。同協会の優秀選手には報徳学園の神頭(かんとう)勇介選手、県高校優秀野球選手には26人が選ばれた。

 神頭選手は報徳学園の主将として、夏の甲子園8強入りに貢献した。「光栄な賞をいただけた。高校野球生活はきつかったが、頑張ったことは今後の財産になると思う。大学でも野球を頑張りたい」と話した。

 県高校優秀野球選手の26人は次のみなさん。

       (敬称略)

 市尼崎・佐藤海都▽尼崎小田・山下陽大▽関西学院・堀尾侑生▽西宮東・東優吾▽神港学園・佐々木翔悟▽兵庫工・藤江颯生▽村野工・中根健翔▽長田・大野壮二郎▽育英・久留島学▽星陵・船引駿平▽神戸国際大付・広瀬賢知▽滝川二・高島大輝▽須磨翔風・荒川亮太▽明石商・右田治信▽加古川東・黒川辰馬▽東播工・古川愛斗▽小野・真田純也▽西脇工・岡淳也▽社・宇田陸▽洲本・鏡石直暉▽淡路三原・脇本雄大▽姫路工・水谷倖志▽三田学園・中西壱星▽三田西陵・大石凌雅▽三田松聖・直井亨太▽篠山鳳鳴・市野咲

こんなニュースも