[PR]

 いわき市小名浜の水族館「アクアマリンふくしま」で飼育研究してきたエビ3種が新種と分かり、学術誌で公表された。新種のうち今も飼育している「シラユキモロトゲエビ」と「シレトコモロトゲエビ」を18日から展示している。

 同水族館は、北海道・知床半島羅臼沖の水深500~800メートルで採取したエビを、千葉県立中央博物館の駒井智幸博士と共同研究し、今月16日に学術誌「ズータクサ」のオンライン版で公表された。展示した2種の他は「クレナイモロトゲエビ」と名付けた。

 高級なすしネタになる「ラウスブドウエビ」のエビ籠漁で、一緒に捕れる変わったエビを2014年から研究してきた。新種はいずれも成長すると20センチほどの大きさになる。シラユキは、深い海では珍しく透き通るように白い。シレトコは、体全体が赤色でラウスブドウエビに勝るほどのおいしさだという。クレナイは、体全体が美しい紅色をしている。(柳沼広幸)