[PR]

 江戸時代の宿場町の面影が残る福井県南越前町今庄地区に、宿泊施設「地域まるっと体感宿 玉村屋」が誕生する。建物は改修した空き家を活用し、2月に開業する予定だ。準備を進める町地域おこし協力隊員の中谷翔さん(30)は「都市部から来る人と、地元の人が交流する場にしたい」と意気込んでいる。

 中谷さんは京都市出身。東京の旅行会社や岐阜県の宿泊施設で働いた後、2016年に町地域おこし協力隊員になった。

 今庄地区は、北国街道の宿場町として栄え、落ち着いた町並みが残る。その一角で、築90年ほどの木造2階建ての民家を見つけた。10年ほど前から空き家になっているという。

 中谷さんは、町に宿泊施設とし…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら