[PR]

 列車の運転見合わせ時に実施する「振り替え輸送」について、関西の鉄道各社は交通系ICカード(定期を除く)を対象外にすると発表した。3月16日のダイヤ改定から実施する。運転見合わせで降りた駅までの区間と、振り替え輸送で他の鉄道会社に乗り換えた区間で別々に乗車料金が発生し、割高になるケースが多くなるという。

 これまでのICカード利用者の振り替え輸送では、降りた駅で一度精算されて、「ICカード乗車券使用証明書」を受け取る必要があったため、窓口にできる長い列に並ぶ必要があった。さらに、乗り換えた別の鉄道会社の駅では証明書と「振替(代行)乗車票」を引き換えて乗車。降車後に運転を見合わせた鉄道会社の駅で乗車票の控えで残額を精算する必要があった。こうした手続きが面倒で、各区間で料金を別々に払う乗客も少なくなかったという。

 一方、切符や定期券の場合も「振替乗車票」は廃止する。乗車区間がわかれば振り替え乗車できるようにする。これらは首都圏ではすでに実施されている。(波多野大介)

     ◇

 振り替え輸送をめぐる今回の変更によって「振替(代行)乗車票」は役割を終えることになる。路線図付きのデザインが多く、大きさも様々。「改札機に入れないでください」との注意書きもある。