[PR]

 AKB48と国内の姉妹グループによるコンサートが18日夜、東京都文京区で開かれ、ファンの男2人がメンバーへの暴行容疑で逮捕された問題で揺れるNGT48も出演した。ただ主力メンバーのうち、被害を受けた山口真帆さん(23)ら数人の姿はなかった。

 この日開かれたコンサートは、毎年恒例の「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100」。「楽曲の総選挙」とも呼ばれ、ファンによる人気投票で上位に入った100曲をカウントダウン形式で発表する。

 この日は100位から76位までの25曲が披露された。NGT48は3曲がランクイン。発表時にわずかにどよめきが起きたが、大きな混乱はなかった。山口さんは、77位の「世界はどこまで青空なのか?」の歌唱メンバーだが、この日は出演しなかった。

 19日も75位から1位の曲が披露される。NGT48は2017年に「Maxとき315号」、18年に「世界はどこまで青空なのか?」で2年連続、オリジナル曲が1位に輝いた。

 また、NGT48は18日、千葉市で20日に開かれるAKB48グループの握手会への参加を取りやめると発表した。新潟市のNGT48劇場も24日まで休館としており、主力メンバーによる劇場での公演は当面、開かれない見通しだ。

 一連の問題では、山口さんが他のメンバーの「事件への関与」を訴えたことなどから、運営会社の「AKS」(東京)が第三者委員会を設置し、事件の経緯を調査する方針を明らかにしている。(小松隆次郎