[PR]

 長嶋茂雄さん(82)が退院して自宅療養に入ったことについて、王貞治・ソフトバンク球団会長(78)は18日、「よかった。今はまだ寒いが、春になったら元気な姿で球場に出て来てほしい。日本中がそれを待ち望んでいると思う」と語った。

 この日、王会長は東京都内の日本記者クラブで「平成とは何だったのか」のテーマで記者会見を行った。会見前に、長嶋さんの退院のニュースを聞いたという。「長嶋さんは特別な存在。とにかく元気で輝いていてほしい。(巨人時代に)16年間、『ON(オーエヌ)』で野球をやってきて、2人じゃないと分からないこともある」と思いを口にした。

 長嶋氏と王会長は、2000年の日本シリーズで巨人とダイエー(現ソフトバンク)の監督として対戦した。その「ONシリーズ」について王会長は「2000年の区切りの年に、神様も味なことをやるなと思った。あの年は特別な年だと、今でも思っている」と振り返った。