[PR]

 「流れ星」を人工的に発生させる小型衛星など計7機を載せた固体燃料ロケット「イプシロン」4号機が18日午前9時50分、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられた。高度約500キロで全ての衛星を分離し、予定の軌道への投入に成功した。

 イプシロンは全長26メートル、重さ95・7トン。今回の打ち上げは、民間の宇宙開発を進めるプログラムの第1弾で、費用は55億円。イプシロンの打ち上げは昨年1月以来で、複数の衛星の打ち上げに成功したのは初めて。

 2020年春に瀬戸内海上空で金属球を落下させて「流れ星」を作る実験をする「ALE(エール)―1」や、次世代衛星用の機器を宇宙空間で調べる「RAPIS(ラピス)―1」、太陽電池やアンテナに応用できる薄膜の展開試験をする「OrigamiSat(オリガミサット)―1」など、7機の衛星は企業や大学など10機関が開発した。

 「ALE―1」を開発した宇宙ベンチャー「ALE」の岡島礼奈社長は「これからが本番。1年以上かけて衛星の確認を行い、みなさんに流れ星を届けられるようにしたい。今までになかったアイデアで宇宙利用の裾野を広げていきたい」と話した。

 JAXAの山川宏理事長は会見で「宇宙にモノを運ぶハードルが下がり、企業や大学が(宇宙に)参入していく第一歩になった。今後、衛星産業の国際競争力の強化や宇宙利用の拡大につながることを期待したい」と話した。同様のプログラムは今後、2年に一度計3回予定されている。(石倉徹也

【動画】イプシロンロケットの特徴と期待される役割を解説