[PR]

 体内に埋め込むタイプの心臓ペースメーカーに不具合が見つかったとして、医療機器メーカーの「日本メドトロニック」(東京都港区)は18日、計1158台について、自主回収の対象とすると発表した。今後、それぞれの患者について、医療機関で機器を取り換えて回収するか、取り換えずにプログラムの修正で対応するか判断するという。

 報告を受けた都によると、対象は植え込み型ペースメーカー「メドトロニック」の「Adapta DR」1037台、「Adapta VDD」91台、「Versa DR」30台。集積回路に不具合があり、必要な血液が送られず失神など重篤な健康被害が起きる可能性がある。患者の健康被害は確認されていないという。