[PR]

 米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による2回目の米朝首脳会談が2月下旬に開かれることを明らかにした。開催場所は未定。トランプ氏が正恩氏の最側近、金英哲党副委員長と約1時間半会談して決まった。

 会談後、ホワイトハウスのサンダース報道官は「トランプ大統領と金英哲氏は約1時間半、非核化や、2月下旬に開かれる2回目の首脳会談について議論した。近く発表される開催場所において、トランプ氏は金正恩氏と会談できることを楽しみにしている」との声明を出した。トランプ氏と正恩氏の首脳会談は昨年6月のシンガポール以来となる。

 英哲氏は17日夕にワシントンに到着した。18日午前から市内のホテルで、ポンペオ国務長官と会談。その後、両氏がホワイトハウスに移り、トランプ氏を交えて会談を行った。英哲氏は正恩氏の親書を携えているとされ、トランプ氏に手渡したとみられる。(ワシントン=武田肇、土佐茂生)