[PR]

 米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2回目の米朝首脳会談を2月下旬に開くことを明らかにした。具体的な日時や場所は後日決めるという。昨年6月のシンガポールでの歴史的な初会談以降、非核化交渉は停滞しており、トップ同士による再会談で交渉の進展を狙う。

 トランプ氏はホワイトハウスで18日、正恩氏の最側近、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長と会談した。英哲氏は正恩氏の親書を携えてきたとされ、会談の際にトランプ氏に直接、手渡したとみられる。

 会談後、ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で「トランプ大統領と金英哲氏は約1時間半、非核化や2月下旬に開かれる2回目の首脳会談について議論した」と説明。「近く発表される開催地で、トランプ氏は金正恩氏と会談できることを楽しみにしている」と述べた。開催地にはベトナムなどが挙がっている。

 北朝鮮は米国との実務者級協議を拒みながら、2回目の首脳会談を求めてきた。実現のため、英哲氏が事実上の特使として渡米。正恩氏とトランプ氏の意向をじかにすりあわせる形をとった。

 英哲氏がホワイトハウスでトランプ氏に会うのは2回目となる。トランプ氏が最初の米朝首脳会談をとりやめる意向を示した際、英哲氏は正恩氏からの手紙を手にトランプ氏と会談。予定通り首脳会談を開くことをトランプ氏に約束させた経緯がある。

 今回、英哲氏は17日夕にワシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら