[PR]

 JR九州が、福岡市博多区の博多駅ビルの拡張を検討していることがわかった。現在のビル南側に延びる在来線ホームの上に、新しく施設を造る構想。博多駅周辺については福岡市が今月、ビル容積率や高さ制限の緩和を検討していると発表。これらの活用もJRは視野に入れている。作成中の2019~21年度の中期経営計画に盛り込む。

 現在の駅ビルは11年3月に開業。地上10階、地下3階に商業施設「アミュプラザ博多」や「博多阪急」などが入る。延べ床面積は約24万平方メートル、店舗面積は約9万平方メートル。17年度の売上高は1130億円と6年連続で過去最高を更新。年間で7千万人超が来場する、福岡市でも有数の商業拠点となっている。

 店舗やオフィスでの活用を想定しビルを拡張する。鉄道事業以外の収入をさらに増やし、利用者の利便性を高めるねらいがある。

 博多駅には市営地下鉄七隈線が22年度に乗り入れ、博多―天神南間が開業する予定。福岡市内では、天神地区で複数のビルの建て替えなどが計画される「天神ビッグバン」や、博多湾に面したウォーターフロント地区の再開発案件も進む。(女屋泰之)