[PR]

日本史A

 思考力を試す出題が増加。図版・グラフをともなう設問が復活した。

【難易度】昨年並み

【全体概観】

 大問数5題、設問数32問はともに昨年度と同様で、日本史Bとの共通問題の配置(第2問・第4問)にも変更はなかった。過去問を何度も確認してシミュレーションを万全におこなった受験生にとっては、比較的解答しやすかったと思われるが、図版や史料など視覚資料に慣れていない受験生は苦戦を強いられたと考えられる。

 昨年の日本史Aでは、図版などの視覚資料をともなう出題がみられなかったが、今年は復活した。近現代重視の日本史Aの傾向は踏襲されている。特筆すべきは「働き方改革」など昨今の時事的な話題を反映してか、労働問題やそれにともなう社会経済史の問題が増加した。さらに、写真や資料を読み取らせ、思考力・分析力を試す出題もみられた。

 出題形式は、空欄補充問題・年代整序問題・正誤判定問題などがバランス良く出題された。過去問では定番であった地図をともなう問題は出題されなかったが、図版・グラフ・史料を読み取る問題では、習熟度の違いにより受験生の間で得点差が生じたと考えられる。

 出題範囲は、昨年同様、近世後期から戦後まで幅広く、戦後は1990年代にまで及んでいた。網羅性を重視した学習が重要であることを改めて認識すべきだろう。分野は政治・外交・社会・経済・文化とすべての主要テーマに及んでいたが、文化史が減少し、「労働」や「貿易」に主軸をおいた社会経済史が増加した。

 これらのテーマは多くの受験生が苦手とする範囲である。この箇所を着実に正解できた受験生は高得点を確保できたであろう。

設問別分析

【第1問】歴史のなかで音楽が果たした役割(会話文)

 第1問は昨年同様に、会話文形式で出題された。「合唱コンクール」という特殊なテーマ設定で、その時々に流行した音楽の時代背景を考察させる内容となっていた。あまり一般的ではないテーマであるが、設問自体の内容は基礎力を試す問題が大部分を占めた。

問1 芸能に関する空欄補充(語句選択)問題。作曲家「滝廉太郎」と新劇運動の「島村抱月」を比較させる問いであった。空欄イは内容的に易しかったので、迷わずに解答を出せたであろう。

問3 「歌詞」の内容から世相を読み取る史料の読解問題。「注」をしっかり分析して、史料の内容にあてはめて考える問題だった。

問6 写真から、年代順を判断する年代整序問題。形式的には珍しい問題設定だが、I・II・IIIの写真の説明から判断できる基礎的な内容なので、確実に得点したい。

【第2問】近世・近代における公家と華族

 日本史B(第5問)との共通問題。かつては、テーマ的に難易度の高いものが目立ったが、今年も比較的取り組みやすいテーマ(「近世・近代における公家と華族」)が取り上げられた。形式面では、昨年に続き史料や視覚資料を用いた問題が1問も出題されなかった。また、昨年と同様の範囲である「幕末から明治維新」が出題され、井伊直弼・孝明天皇・廃藩置県など同一用語も多く、過去問演習を徹底していれば容易に解答できたと思われる。

問1 幕末・維新期の歴史用語や、やや区別のつきにくい歴史用語の判断が求められている。理解を優先して学習を続けていた受験生にとっては易しいが、単純に用語を暗記する作業を繰り返していた受験生は苦戦したかもしれない。

問3 「明治初期の東京」は、2020年に東京オリンピックを控えていることを考えると、時事的要素も意識した設問といえるかもしれない。

【第3問】明治期に活躍した浮世絵師・小林清親

 第3問は明治期に活躍した浮世絵師・小林清親が生きた時代がテーマだった。昨年の人物史は日本史Bと共通問題として第4問で「石橋湛山」が出題されたが、今年は人物史が日本史Aで単独でみられた。政治史が少なく、労働問題を中心とした社会経済史や文化史・女性史とバリエーションに富んだ出題であった。

問2 明治初期の生活様式や思想の変化に関する正誤判定問題。煉瓦(れんが)造りの建物や、ガス灯は文明開化の象徴である。また、「福沢諭吉」の事績を問うた基礎的な内容であった。

問4 風刺雑誌『団団珍聞』に掲載された風刺画と資料を分析する問題。「足尾」から「田中正造」を判断することは容易だか、史料の内容は設問文や「注」に留意しながら注意深く判断する必要があった。

【第4問】近現代の日米関係

 日本史B(第6問)との共通問題。第4問は、これまで、人物をとりあげた問題と、テーマ史の2パターンがあった。今年は、テーマ史(「日米関係」)として出題された。日米関係は頻出テーマの一つであるため、多くの受験生が安心して取り組むことができたと思われる。

問2 大久保利通(2017年第5問)、吉田茂(2018)に引き続き、人物(幣原喜重郎)に関する設問が出題された。著名な政治家については、情報を整理しておきたい。

問3 広いスパン(明治期から昭和終戦直後まで)を対象とする設問。2015年度第1問では、海外移住者をテーマとする設問が出題されていた。過去問にしっかり取り組んでいた受験生は有利だっただろう。

問4 「抑制する」、「増加させる」、という歴史用語ではない語句の選択が求められている。用語を暗記しているかではなく、理解しているかを問う設問だった。

問6 昨年引用された史料(石橋湛山「池田外交路線へ望む」)は長文だったので、読解に時間が不足して焦った受験生もいただろう。今年の史料は引用部分が少なかったので昨年よりも取り組みやすかった。プレス=コードについて理解していれば読解の一助となったと思われるが、読解問題としては注も少なく、正誤判断のしやすい設問だった。

【第5問】近現代の港湾

 日本史Aは昨年度同様、第5問が最終問題であり、設問数も8問と変更はなかった。

 日本の「港湾」を題材としながら、産業革命・貿易・労働・公害など多岐にわたる内容が問われた。社会経済史が中心で、政治史を真正面から扱った出題は少なかった。昨年にはみられなかった、グラフ・表を用いた問題が問8で復活した。

 日本史Aは時事的な内容が盛り込まれる傾向が強い。今年度は、政府が推奨する「働き方改革」を意識しての出題といっていいだろう。

問4 人物の事績を問う内容。それぞれ、選択肢の人物は活躍した時期が異なっており、あまり時間をかけずに解答できたと考えられる。また、「学問・文学」に関する出題とはいえ、大正時代の労働問題が深く関連しているので、第3問の問4・問5と類似している内容といっていいだろう。なお、プロレタリア文学は、日本史B・第1問の問6でも出題された。

問7 戦後に日本が加盟した世界経済に関する機構についての設問。池田勇人内閣が推進した経済政策についての理解が問われている。

問8 統計表の数値や国名から、その地域について考察させる内容。国名を見て、どの国がアジアNIESに含まれているかを判断するなど、現代の世界に関する基礎知識の重要性を示唆している問題だった。

新高3生へのアドバイス

◆歴史的事象を関連づけて、深く理解することを心がけよう!

(1)センター試験・日本史Aの難易度や出題形式をつかもう!

 皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。十分な対策をして本番に臨むために、まずはセンター試験・日本史Aの過去問をもとに、難易度や出題形式を研究することからはじめてみましょう。その際、出題者は受験生に何を求めているのかという観点から分析することで、学習の方針がみえてきます。未習箇所があったとしても、既習箇所の問題には、今すぐにでも挑戦できるはずです。実際の過去問に真剣に向き合うなかで、空欄補充形式、正誤問題、時代整序問題、史料・地図・表などを通じて問う問題など、実にさまざまな視点から問われていることに気づくでしょう。このような問題形式に対応するためには、柔軟に考えられる力を鍛えていくことが必要です。

(2)さまざまな視点から歴史を眺める習慣をつけよう!

 暗記作業に終始した学習では、思考力を試す問題を含むセンター試験・日本史Aに対応できる本当の力は養われません。一つの歴史的な出来事を成り立たせている要素は実に多岐に及びます。その歴史的な出来事がおこった時期や場所、または関わった人物、その出来事が社会に与えた影響などを俯瞰(ふかん)的に理解することが重要です。専門分野を深く学ぶ大学の場では、「考える力」が何よりも求められます。日本史の学習を通じて「考える力」を今から養っていきましょう。

(3)目標を立て、計画的に学習しよう!

 高校3年生では、部活と学習の両立が大きな壁になる場合があります。限られた時間で成果を出すためには、例えば「何月までに憲政の常道期の学習を完了させる」など、時期別の目標を立てて学習にあたることが大切です。もちろん、計画を立てるだけで満足するのではなく、日々の学習に落とし込んで実行に移しましょう。学習の際に重視してほしいのは教科書です。教科書を熟読しつつ、さらに理解を深めるために図説集・史料集・用語集などの副教材を同時に活用していきましょう。また、ある範囲の学習を完了したとしても、次の範囲の学習が進むにつれて忘れてしまうという受験生も多くいます。先に学習を進める場合でも、常に以前の学習範囲を見直すといった「反復学習」を遂行していきましょう。

(4)東進の「センター試験本番レベル模試・日本史B」を毎回受験しよう!

 実践力を養成するために東進の「センター試験本番レベル模試・日本史B」を毎回受験してください。日本史Bではありますが、大問6題中2題は日本史Aとの共通問題を想定したものであり、センター試験日本史の出題形式や難易度を熟知した作題者によって出題されています。受験経験を積み重ねることで試験に慣れることができ、また、弱点箇所が浮き彫りになります。学習のペースメーカーとするためにも、これらの模試を受験しましょう。

新高2生へのアドバイス

◆共通テストにも対応するため、今から積極的に学習にあたっていこう!

(1)歴史に興味・関心をもつことで、楽しみながら学習にあたっていこう!

 2021年1月に、これまでのセンター試験にかわって大学入学共通テストが実施されます。日本史学習では、単に知識を持つだけでなく、自ら歴史的出来事の意味を考える力がより求められます。歴史は私たちの先人がつくってきたものだけではありません。「今」生きている私たちも歴史をつくっている当事者なのです。そのことに気付けば歴史に興味や関心が湧いてくるはずです。また、歴史はどのような変遷をたどってきたのか、といった大きな視野をもちながら歴史をとらえていきましょう。たとえば明治時代の日清戦争以降、日本は戦争を繰り返してきました。戦後70年が経過した今との違いは何なのでしょうか。時代と時代の相違点を眺望的な視野からとらえていく姿勢を養っていきましょう。

(2)一つの歴史からさまざまなことを推測する力を養っていこう!

 大学入学共通テストでは、これまでの傾向に加えて、ある事実や情報をもとにしながら歴史を「考察・推測」させる傾向が強まることが予測されています。柔軟性のある深い思考力が求められる傾向が顕著になるとはいえ、そのような問題に対応するために一番重要なことは、教科書に記載されている基本的な知識を理解することです。その知識が備わっていなければ、歴史的事項について考察・推測することは難しくなります。出題形式が変わるからといって、本道の歴史学習をおろそかにせず、地道に教科書を中心とした学習を遂行していきましょう。それとともに、教科書の巻末にある年表から「いつ(どの時期)」に「どのような出来事があったのか」を、はやめにつかんでしまいましょう。古代であれば「文武天皇」(為政者)の時代の「西暦701年」に「大宝律令が制定された」など、歴史を理解する枠組みをはじめにとらえることで、関連する重要項目もスムーズに理解しやすくなり、他の時代との比較も容易になります。

(3)学習へのモチベーションを維持するために東進模試を受験してみよう!

 「まだ1年生、2年生だから」と油断していると、あっというまに時間は経過してしまいます。この時期から受験を意識して日本史の学習をはやめに始めていきましょう。学習の効果をはかるためには模試を受験することが重要です。その際に東進で実施されるさまざまな模試を有効に活用していきましょう。模試を定期的に受験することで、自分は現在、何をどのように学習していけばよいのかといったことを、容易につかむことができるようになるでしょう。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも