地理B

 例年どおりの分量・内容だが、形式面では前年よりシンプルに。なじみの薄い地域の地誌は、受験生を悩ませたか。

【難易度】やや難化

 形式的には手間のかかる設問が減ったものの、内容的には、特に第4問・第5問において、受験生にとっては手薄になりやすい国や地域が扱われた上に、やや細かい知識を必要とする問題が並んでいるため、難易度は上がったと思われる。

【全体概観】

<分量>

 前年並み。大問6題構成が2006年以降変わっていない。設問数・マーク数は35ずつで前年と同じ(2016年以降連続)。大問ごとの配点や設問数も前年と同じ。

<出題形式>

 組み合わせ式の問題が前年の17問から14問(6択式10問、4択式4問)に減り、そのぶん、単純に図表から解答を選ぶ4択の問題が増加した。例年同様に統計資料や図表を多用し、地理的な考え方や理解を問う問題が中心である。図表の点数は、前年の32点から39点と大幅に増加したが、これは主に統計表が大きく増えたことによる。また、写真は3点(第6問・問3の図中の写真も含めると4点)であった。

<出題内容>

 各大問の分野構成は例年通りである。産業の分野があてられる第2問では、3年続けて「資源と産業」が出題された。地誌を扱う第4問で「地中海沿岸地域」が取り上げられるのは2013年以来である。また、第5問では2016年度から2~3カ国の比較地誌が出題されているが、今回は「ウクライナとウズベキスタン」という受験生にはなじみの薄い2カ国が選ばれた。なお、第6問は「地理A」と共通問題である。

設問別分析

【第1問】世界の自然環境と自然災害

 例年通り第1問は自然環境に関する出題であり、5年続けて自然災害に関する設問が盛り込まれた。全体的に標準的な設問が並び、学習の成果が反映されやすい内容であった。

問1 4地域の植生と土壌に関する説明文の正誤判定。

問2 4地点の地形断面図の判別。大地形の分布を考える。

問3 4河川の月別平均流量グラフの判別。過去頻出の内容である。

問4 4地点の気候ハイサーグラフの判別。おのおのの気候区を想起したい。

問5 北極海の海氷分布に関する説明文の正誤判定。目新しい題材である。

問6 熱帯低気圧・台風に関する説明文の正誤判定。

【第2問】資源と産業

 第2問は例年、産業分野に当てられている。そのうち「資源と産業」というテーマは2017年から3年連続の出題となった。日ごろからの統計問題への取り組みが試された。

問1 4作物の栽培地域の変化を示すグラフの判別。やや手間がかかる。

問2 コーヒー(アラビカ種)原産地の選択。珍しく単純な設問である。

問3 コーヒー豆の流通に関する説明文の正誤判定。

問4 農畜産物の生産統計における国名判定。標準的。

問5 4カ国の輸出品目統計における国名判定。

問6 日本の事業所分布の統計地図の判別。アとイの判別がやや難しい。

【第3問】都市と村落、生活文化

 集落(都市・村落)に関する問題は2009年以降続けて出題され、近年は生活文化との組み合わせが定番になっている。難しめの設問が並んでおり、落ち着いて考えられたかが鍵。

問1 パリ周辺の景観を示した写真の判別。センター特有の出題だがやや難。

問2 4首都の機能集積を示した統計の判別。

問3 4都市と河川に関する説明文の判別。問2と共に知識が必要。

問4 旧宗主国と植民地の組み合わせの正誤判定。これも珍しい単純な設問。

問5 奈良盆地の地形図3葉の歴史順整序。形式として目新しい。

問6 日本の文化・レジャー施設の分布図の判別。やや考えにくい。

【第4問】地中海沿岸地域

 地誌を扱う大問の地域として「地中海地域」が出題された例としては、2004年、2013年などがある。扱われた内容が細かく、受験生にとっては厳しい大問だったのではないか。

問1 4地点の自然環境に関する説明文の正誤判定。

問2 四つの海峡に関する説明文の正誤判定。やや細かい。

問3 農作物の産地分布を示す統計地図の判別。

問4 3カ国の輸出品目に関する統計グラフの判別。

問5 都市の成り立ちや現状に関する説明文の正誤判定。

問6 4カ国の移民送出国に関する統計の判別。かなり難しい。

【第5問】ウクライナとウズベキスタン

 新課程の実施に伴い2016年度からは比較地誌の大問に衣替えされた第5問だが、扱う国の数が前年の3カ国から2カ国に戻った。しかし、いずれも学校の授業などで扱われることの少ないなじみの薄い国であり、得点しづらい設問が並んだ。

問1 2カ国の地形および気候環境に関する統計の判別。

問2 2カ国の農産物と鉱産物の生産統計の判別。

問3 2カ国のGDP推移グラフに関する説明文の正誤判定。

問4 3カ国の食肉生産、食料供給に関する統計の判別。

問5 2カ国の言語と都市景観の判別。昨年の「ムーミン問題」を思い出させる。

【第6問】地域調査(宮崎市)

 例年通り地理A(第5問)との共通問題である。2年続いて新旧地形図の比較が出題されず、地形図読図のウェートが低下している。全体としては標準的な難易度の大問である。

問1 3都市の交通の発達に関する資料の判別。ユニークな題材である。

問2 宮崎市の観光統計に関する説明文の正誤判定。特別な知識は不要。

問3 地形図と景観写真に関する説明文の正誤判定。

問4 土地利用を示した新旧数値地図に関する説明文の正誤判定。

問5 市町村別農作物生産を示す統計地図の判定。

問6 口蹄疫(こうていえき)に関する会話文の適語補充。過去の出題と比較して斬新な内容であった。

新高3生へのアドバイス

◆センター試験地理Bの特徴

 皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が最後の実施となります。センター試験における地理Bは、現代世界の系統地理的・地誌的考察や地球的課題などの重要項目、および地図、写真、統計の読み取りなどの地理的技能の習熟度を、多角的に幅広く問うことを基本として、教科書の内容に準じて作問されています。地域としては、身近な地域・日本の諸地域も含んだ世界各地の問題がバランス良く配置されています。内容面でも、世界全体を視野に入れて各分野からまんべんなく出題されています。また、知識(用語や地名)そのものを問うことは少なく、地図や写真、統計など各種資料の読み取りと関連付けた出題が多くなっています。すなわち、標準的な知識をもとにした情報処理、思考、判断の能力を試すことが主題となっているのです。

◆思考力が大事

 ということは、丸暗記に終始するような詰め込み学習では対応できないのです。地理は暗記科目と考えられがちですが、センター試験の地理Bでは思考力がものを言うのです。地理的な事象について「なぜそうなるか」を十分に理解した上で、「使える(=応用できる)基本的な知識」をコツコツと積み上げていきましょう。知識がネットワーク化すれば、一つの理解が二つにも三つにも応用できるようになります。もちろん、知識重視タイプの問題もゼロではありません。自然環境、産業、集落といった系統地理(分野別の学習)だけでなく、地誌(地域・国ごとの学習)の準備も早めにスタートすることで、情報量の面での遅れを招かないようにしたいものです。このような場面では、一問一答形式の問題集なども役に立つでしょう。

◆資料問題に強くなろう

 センター試験地理Bの最大の特徴は、地図や図表、写真などの資料を使った出題の割合が高いことです。これらを読み取り、利用する技能が求められているのです。自分が知らない地名が出てきた際には、必ず地図帳を開き、その位置を確認する学習を徹底するようにしましょう。教科書や資料集を用いて、主題図(テーマのある地図)や写真などに見慣れておくことも重要です。また、統計についても、順位、数値の暗記ではなく、統計の背後にある地理的事象を読み取る意識で、最新の統計をこまめにチェックするようにしましょう。また、地歴連携の重視から、歴史的背景や経緯を問う出題がみられるようになっています。

◆独特な出題形式に慣れておこう

 独特な出題形式への慣れも欠かせません。組み合わせ式6択問題などがその典型です。問題の質や量と試験時間(60分)を見比べると、決して時間的な余裕はありません。10年分程度の過去問演習はもちろんですが、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施される東進のセンター試験本番レベル模試を定期的に受験して、(1)頻出項目のマスターと最新傾向の把握、(2)出題形式への順応、(3)時間配分のトレーニング、といった点を強化することをおすすめします。

新高2生へのアドバイス

◆「地理B」という科目の特徴

 皆さんが受験される2021年1月から、現行のセンター試験に変わり「大学入試共通テスト」が実施されます。試行調査(2017・18年に実施)で出題された地理Bの試行問題をみると、現行のセンター試験と大きな違いはないものの、地誌の知識よりも地理的思考力や資料の読み取り技能を重視した問題が増えており、その結果、複数の判定を組み合わせた形式の設問が中心となっています。用語や地名を詰め込むだけの学習は、これまで以上に用をなさなくなると考えられます。

 アドバイスとして先に新高3生へのアドバイスを読んでみてください。なかなか大変なメニューが並んでいますね。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」です。なるべく早めにセンター試験の過去問にトライして本番の傾向をつかみ、模試で実力を測って弱点を補強する、受験生としてはそんな真っ当な対策を立てたいですね。しかし、過去問の演習にせよ、模試の受験にせよ、ひと通りの学習を済ませて、ある程度の実力をつけてからでなければ意味をなしません。「実力をつけてから」にこだわりすぎても時機を失しますが、準備ゼロでは「敵を知る」ことも「己を知る」こともかないません。高3になってから正しい対策を迷うことなく進めるためには、それなりの布石というものが必要です。

◆今のうちにやっておきたいこと

 (1)一通りのことが書かれた本を読んで、地理という科目の「全体感」をつかんでおきます。そのためには、まずは教科書をベースにした学習が大切です。さらに、『山岡の地理B教室』(東進ブックス)のような入門書を利用していくことも良いと思います。中学校で使った「地理的分野」の教科書も良いでしょう。中1当時の皆さんはまだ小学生の延長のようなものでした。だから、いま読むと「ああそういうことか」と納得できることが多いはずです。

 (2)地図帳に慣れておきます。地理における地図帳は、英語学習における辞書のような存在です。各地方の並び順、地図上のさまざまな約束、索引の使い方、などを体で覚えておきましょう。知らない地名が出てくるたびに地図帳を開く習慣をつけてください。

 (3)東進では「ベーシック地理」「入試対策:センター試験対策地理B」など、基礎レベルの講座を用意しています。これらを高2のうちに受講しておけば、無理なく高3での対策学習につなげられるでしょう。

 (4)できれば、さまざまなメディアも利用しましょう。TVの特集、クイズ番組、ニュースなどや、新聞の国際面の記事、インターネットで得られる情報などです。すべてが直接の試験対策になるわけではありませんが、世界各地に関する見識が広がることで、地誌学習が楽に進められるはずです。

 そして、最も大切なのは「地理は暗記科目ではなく、考える科目である」としっかり理解しておくことです。はじめはピンとこないでしょうが、上のような対策に続けて実際に問題演習を始めると、「考える科目」であることを実感できるはずです。皆さんに期待しています。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも