[PR]

英語(筆記)

 大問数・設問数・マーク数ともに変化なし。大問の配点も昨年と同じ。

【難易度】昨年並み

【全体概観】

 出題形式は昨年と同じ。大問6題からなる構成で、配点にも変化はなかった。

 第1問、第2問は発音・アクセント・文法・語法を中心とした基礎学力を試す問題で、全体配点の約30%が与えられている。

 第3問~第6問は、全体配点の約70%を占める読解問題で、単一のパラグラフの理解を問う基本問題から長文読解問題まで、実際に英文に接する際に考えられる様々な状況を想定した題材を用いて、英語の理解力・運用力を問う出題となっている。具体的な出題内容は、第3問がパラグラフ理解、議論の要点整理、第4問が図表を伴う英文読解、広告文からの情報収集、第5問が物語文の読解、第6問が説明的文章の読解である。

 長文の語数は、第4問A(説明文)が約470語、第5問(物語文)が約650語、第6問(説明文)が約580語である。試験全体の総語数は約4200語で、2012年以降は4000語を超える出題が続いている。

設問別分析

【第1問】A 単語の発音 B 単語のアクセント

 今年も例年同様に発音とアクセントの出題で、Aは「下線部の発音がほかの三つと異なるもの」を選ぶ問題が3問、Bは「第一アクセントの位置がほかの三つと異なるもの」を選ぶ問題が4問と、形式・問題数ともに変更はなかった。発音問題、アクセント問題とも基本的なレベルであった。

【第2問】A 文法・語法 B 整序英作文 C 対話文中の英文完成

 例年同様の出題形式で、Aが文法・語法問題、Bが整序英作文問題、Cが対話文中の英文完成問題であった。Aは基本的な出題が多かったが、単語の正しい使い方や定型表現をどれだけ多く知っているか、品詞の正しい見極めをできるかなどが鍵となったと思われる。Bは正しい英文を作る力が試されており、どのような意味の英文を完成させるべきかを文脈から素早く推察して文を作らなければならず、あせりを感じた受験生も多かったかもしれない。Cは対話文空所補充問題と英文完成問題が融合された問題で、B同様、内容を素早く理解した上で、適切な内容かつ、文法的に正しい英文を完成させる必要がある。内容を理解できても、文法語法レベルでやや難しく感じられる問題もあったのではないだろうか。

【第3問】A 不要な文の選択 B 意見内容の要約

 昨年からの形式上の変更点はなく、A不要文選択の問題、B意見内容要約問題の2題であった。Aの不要文選択問題は、落ち着いて文脈を追うことができれば不要な文、つまり主題から逸脱した、文章の流れを妨げる1文を選ぶのは、それほど難しくなかったのではないかと思われる。Bの意見内容の要約問題は、2017年から1人の発言者の意見内容を選ぶ問題から複数の発言者に共通する意見内容を選ぶ問題に変わったが、今年もその形が踏襲された。

【第4問】A 図表を使った説明文読解 B 説明文書などの読み取り

 問題形式・設問数に大きな変更はなかった。Aは、各国で絵画に描かれている食べ物とそこでの生活の関係を考察した文章を題材とする、例年通りの図表を含む読解問題であった。設問形式は、図表に掲載されている数値に当てはまる内容を選ばせる問題や、最後の問題でもパッセージの内容そのものを聞くなど、例年とは若干異なっていた。Bは地域にある複数の城に関する案内の読み取り問題で、設問数は昨年と同様であった。表の内容から計算させる問題など、設問内容・設問傾向も大きな変化はなく、読み取るべき内容をすばやく判断・抽出することが求められる点は例年通りである。

【第5問】物語文の読解

 配点・設問数は昨年と同じであったが、昨年出題された日誌形式から、2017年、2016年に出題された単一の物語の読解問題となった。これは、昨年の追試験の第5問とほぼ同様の出題傾向である。文章の内容は、家庭菜園に夢中になっていた父がけがをし、代わりに娘が野菜を育てていく過程で努力することの大切さを学ぶというもの。語数は昨年とほぼ同じ650語。英文も文章の展開も平易でわかりやすく、設問にも紛らわしい選択肢はほとんど見られなかった。

【第6問】論説文の読解

 配点・設問数は昨年と同じであった。昨年は「テクノロジー」の発達が人類の進歩につながったという話題だったが、今年は「道」の発達が人類の進歩につながったという話題。本文の語数は昨年より若干減った。問題形式的には昨年とほぼ同じで、設問別に見ると、Aは昨年同様、指定されたパラグラフに関するオーソドックスな内容一致問題が4問、本文全体の趣旨を問う問題が1問で、下線部を説明する問題が一つ含まれていた。Bは六つのパラグラフの内容をまとめる見出しを問うもので、ほぼ昨年と同じであった。総じて言えば、本文も設問も昨年とほぼ同じレベル・形式であり、標準的で難解な語句は含まれていないので、落ち着いて考えれば高い正答率が期待できるだろう。

新高3生へのアドバイス

 センター試験の英語では、1発音・アクセント、2文法・語法、3パラグラフと要旨の理解、4図表を伴う情報処理、5、6英文読解という六つの大問において、これまで得た英語の知識、読解力、情報処理力を総動員し、解答することが求められます。80分という限られた時間内で高い得点をとるためには、基礎力である語彙(ごい)・文法を使える知識として身につけた上で、読解力を鍛えることが必要です。こうした力はすぐに身に付くものではなく、日常生活の中で英語を「読み・書き・聞き・話す」時間を出来る限り増やすことで総合的な英語の力を高め、実際に使う練習を多く積むことが必要です。その上で、何度も予行演習を繰り返すことによって、センター試験本番で結果をだすことができます。以下、分野ごとの対策を参考にしてください。

(1)発音・アクセント

 大問1はセンター試験の問題の中でも比較的正答率の低い大問です。対策としては、ネイティブ音声教材を最大限活用して、耳を使って覚えることを習慣化しましょう。英単語を暗記する際には、ネイティブ音声教材を聴いて聞こえた音と同じように音読をし、単語の意味はもちろん、正しい発音やアクセントも一緒に覚えましょう。また、この分野では発音・アクセントのパターンを知ることも効果的です。発音・アクセントに特化した問題集を一冊解き、パターンを体得するのもよいでしょう。

(2)文法・語法

 文法・語法問題については、英語の基礎力を試す問題が広く出題されます。対策が比較的おろそかになりがちなのが、単語・熟語・類語の用法など語彙や語法に関する分野です。センター試験では文法だけでなく、語法に関する問題も出題されるということをしっかり認識して、日頃から語彙力・語法の強化に努めましょう。

(3)会話文

 整序英作文の形式では語法・文法の知識を正しく運用する力が試されます。日頃から英文の構造(主語・述語・修飾関係など)に注意して英文を読むことが大切です。長文読解問題でも内容を正確に読み取るためには文構造を正しく捉える力が必須です。また、空所補充形式では、各発言から必要な情報を読み取り、そこから何が言えるかを導き出すことが必要です。センター試験の過去問などをたくさん解き、問題形式に慣れておきましょう。

(4)英文読解

 センター試験では、制限時間内で多くの英文を読み解く力が求められます。センター試験の英文には難解な語彙や構文は出されませんが、制限時間内で正確に文章を読み問題を解く速読速解力を高める訓練が必要です。語句や表現の意味が問われる問題では、文脈からその意味を推測する力が試されます。また、図表が出題される問題では、表やグラフを読み取り、その情報と説明文を結びつけて答える情報処理能力が求められます。

 論説文における読解では、パラグラフごとのテーマを把握し、その論理展開を見抜く力を養うことが重要です。物語文などの文章読解では、人間関係や時間・場面の展開、登場人物の心情等をつかみ、各パートごと・文章全体の趣旨を導き出すことがポイントになります。説明文でも物語文でも読解力を身につけるためには、内容を理解した英文を音読することを習慣化し、英語の語順で文章の内容を理解する力をつけることや、普段から段落やパートごとの趣旨を簡潔にまとめる訓練を積んでおくことが大切です。

 学力の伸びを確認するために、全国統一高校生テストを含めて年6回実施される東進のセンター試験本番レベル模試を活用して、弱点の発見とその補強に努めましょう。過去問を始めとして内容を理解した英文を音読することを習慣化し、英語の語順のままで内容を理解する力をつけることで着実に英語力が養われます。

新高2生へのアドバイス

 新高2生の皆さんにとって、センター試験の英語は未習事項も多く、難しく感じられるかもしれませんが、早い時期から正しい学習と演習量を積んでいけば、本番で高得点につなげることができます。英語を日常生活の中で「読み・書き・聞き・話す」時間を出来る限り増やすことで総体的な英語の力を高め、また1年生で学習した事項でまだ知識にあいまいなところがある場合はしっかりと復習することで得点力が伸びます。みなさんが受験することになる大学入学共通テストは短時間で複数の情報を把握する能力が必要になります。そのためにもセンター試験レベルの語彙や英文法の学習を早めに一通り終え、さらに二巡三巡と繰り返すことで基礎知識を盤石なものにする必要があります。このような学習が読解力を養成していく上で大きな力となります。以下、分野ごとの対策を参考にしてください。

(1)発音・アクセント

 発音・アクセントは、センター試験の問題の中でも比較的正答率の低い大問です。大学入学共通テストでは出題されない予定ですが、一部の国公立大学入試ではスピーキングを含んだ外部資格・検定試験が必須となります。スピーキングの力をつけるためにはネイティブ音声教材を最大限活用して、耳を使って覚えることを習慣化しましょう。また英単語を覚える際には、単語の意味だけでなく、正しい発音やアクセントを声に出して覚えるなどして、一つずつ知識を増やしていきましょう。

(2)文法・語法

 高校3年生になる前に、一通りの文法項目の学習を終え、復習を繰り返すことで知識を確実に身に付けていきましょう。あいまいな点があればその都度、参考書や辞書で調べて確認をしてください。語法については、問題演習を行いながら一つずつ知識を増やしていくことが重要です。日頃から継続的に学習していきましょう。大学入学共通テストでは単独での文法問題としての出題予定はありませんが、与えられた情報(イラスト・グラフと英文)から必要な情報・意図・概要などを把握する応用問題が増え確かな文法・語法の基礎学力に基づく応用力が一層求められます。

(3)会話文

 整序英作文の形式では語法・文法の知識を正しく運用する力が試されます。日頃から英文の構造(主語・述語・修飾関係など)に注意して英文を読むことが大切です。この大問も大学入学共通テストでは出題予定がありませんが、長文読解問題では内容を正確に読み取るために文構造を正しく捉える力は必須です。また、空所補充形式では、各発言から必要な情報を読み取り、そこから何が言えるかを導き出すことが必要です。

(4)英文読解

 センター試験で高得点がとれない大きな要因として、問題量が多いことにより解答時間が足りず、最後まで解ききれないことが挙げられます。多くの英文を短時間で読むためには、語彙・語法・構文・文法といった基礎的な知識が必要不可欠です。基礎を固めるために、長文問題に1日1題必ず取り組むなど日々演習を重ね、その中で見えてきた知識の抜けをなくしていきましょう。また、音読練習も毎日行うことで、英語の語順のまま英文を理解できるようにしましょう。はじめは時間がかかるかもしれませんが、まずは英文の内容を正確に分かるようにして、少しずつ読み上げるスピードを上げるようにしていきましょう。

 東進の「全国統一高校生テスト」は大学共通テスト対応模試ですので、積極的に受験して、定期的に力試しを行いましょう。毎回の目標点を定めてそれを達成しながら継続して学習を進めていきましょう。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも