[PR]

 第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦1回戦、行方尚史八段(45)と菅井竜也七段(26)の対局は名古屋市港区のポートメッセ名古屋で19日午前10時から行われ、午前11時28分、後手の行方八段が106手で勝ち、午後の2回戦に駒を進めた。

 過去の対戦成績は、菅井が5勝に行方が1勝と、菅井が大きくリードしている。振り駒で先手になった菅井が中飛車に構えると、行方は金銀を前線に繰り出し、押さえ込みをはかる。対する菅井は金銀4枚で守りをがっちり固めて戦機をうかがった。

 A図は行方が△4五歩と仕掛けたところ。ここで菅井は▲6八角としたが、よくなかった。すかさず△6五歩▲同歩△同銀と、弱くなった6筋を攻められることになった。A図で先手は堅陣を生かして▲3六歩と強く応戦すべきだった。

 行方は6三にあった金を5四~…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら