[PR]

 夏の参院選で、自民党沖縄県連は19日、沖縄選挙区(改選数1)に、物流広告企業会長で元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信(あさとしげのぶ)氏(49)を擁立する方針を決めた。

 安里氏は昨年9月の知事選に立候補する意向を表明していたが、保守系の一本化調整を受け、立候補を見送り。党県連の参院選候補の公募に応じていた。

 一方、同選挙区に議席を持つ沖縄社会大衆党は、玉城デニー知事を支える「オール沖縄」勢力の候補として、高良鉄美(たからてつみ)・琉球大法科大学院教授(65)を擁立することを決めている。