[PR]

地理A

 分量・形式・出題分野・難易度、いずれも前年並みだった。

【大問数】変化なし

【設問数】変化なし

【マーク数】変化なし

【難易度】前年並み

【全体概観】

<分量>

 大問数は例年通り5題である。設問数とマーク数は前年同様、ともに34である。

<形式>

 組み合わせ式の設問は前年(12問)並みの11問(6択式9、4択式2)。図版数は前年(28点)から増えて30点となったが、そのうち写真資料は前年と同じ4点であった。

<構成と内容>

 各大問の設問数・解答数、配点は前年から変わらなかった。

 第1問は3年続けてAとBに分かれ、Aは「地理の基礎的事項」、Bは「日本の自然環境と防災」であった。第2問も前年と同じ「世界の生活・文化」に当てられた。

 第3問の地誌の大問では、2017年にも出題された「南アメリカ」が扱われた。

 第4問は前年同様に「世界の結びつきと地球的課題」の分野から出題された。

 第5問は、例年通り地理B(第6問)との共通問題となる「地域調査」であった。

<難易度>

 いずれも高校地理に関する標準的な知識や図表を読み取る力を要求する問題であり、総合的な学力が求められる。常識的に判断しやすい設問も散見されたものの、やや細かい知識を要する設問も多く、難化した前年並みの難易度だったと思われる。

設問別分析

【第1問】地理の基礎的事項および日本の自然環境と防災

 例年と同様に、図や写真などを用いて基礎的な知識を問う総合問題である。A・B二つの分野を組み合わせているが、全体として標準的な大問である。

問1 4地点の特徴的な地形に関する文章の正誤判定。

問2 4緯線上の年降水量を示すグラフの判別。標準的。

問3 国家や領域に関する文章の正誤判定。易しい。

問4 3地点の日の出・日の入りに関する資料の判別。

問5 GIS(地理情報システム)に関する文章の正誤判定。考えにくい。

問6 日本の4地点におけるイチョウ黄葉日の資料の判別。勘違いに注意。

問7 GISの災害対策における活用に関する文章の正誤判定。

問8 自然災害の対策用施設の写真の判別。常識的に判断したい。

【第2問】世界の生活・文化

 前年と同じ分野からの出題であった。基本的な知識の運用で高得点を目指したい大問である。

問1 4地点の祭礼・伝統文化を示す写真の判別。背景の景観にも注意。

問2 2カ国の国章に関する説明文の判別。地理Aらしい設問である。

問3 3カ国の水資源に関する統計の判別。日本とメキシコで迷いやすい。

問4 イモ類生産量の統計地図の判別。タロイモとキャッサバの判別が鍵。

問5 訪日外国人旅行者の統計グラフに関する文章の正誤判定。易しい。

問6 国境と民族・国民のかかわりに関する文章の正誤判定。

問7 各国の文化に関する文章の正誤判定。正しい用語の理解が必要。

【第3問】南アメリカ地誌

 2017年に出題されたばかりの南アメリカが扱われ、3年続いていわゆる「新大陸」からの出題となった。

問1 4地点の雨温図の判別。頻出タイプの問題である。

問2 4つの世界遺産登録地域の景観写真の判別。景観から判断できる。

問3 アンデス山脈における高度別の農畜産物生産に関する資料の判別。

問4 漁業および畜産業の生産統計における国名判別。

問5 鉱産資源の産地分布図における凡例の判別。標準的。

問6 スペイン語を公用語とする国の選択。単純な形式の設問である。

問7 ブラジルと日本の人的交流に関する文章の正誤判定。

【第4問】世界の結びつきと地球的課題

 第4問は例年、「地球的課題」に関する出題となっている。前年同様に「世界の結びつき」との組み合わせで出題された。標準的な内容だが、統計の判定には時間をかけて丁寧に解きたい。

問1 加盟国中にOECD加盟国を含まない国際機構の選択。

問2 4カ国の交通機関に関する統計表の判別。4カ国とも判定したい。

問3 携帯・固定電話の普及率に関する国名選択。近年頻出の主題。

問4 4カ国の高齢者人口割合推移の統計グラフの判別。やや難。

問5 人口・移民等に関する統計地図の判別。イとウの判定が難しい。

問6 発展途上国の都市問題に関する文章の正誤判定。慌てずに判断したい。

【第5問】地域調査(宮崎市)

 例年通り地理B(第6問)との共通問題である。2年続いて新旧地形図の比較が出題されず、地形図読図のウェートが低下している。全体としては標準的な難易度の大問である。

問1 3都市の交通の発達に関する資料の判別。ユニークな題材である。

問2 宮崎市の観光統計に関する説明文の正誤判定。特別な知識は不要。

問3 地形図と景観写真に関する説明文の正誤判定。

問4 土地利用を示した新旧数値地図に関する説明文の正誤判定。

問5 市町村別農作物生産を示す統計地図の判定。

問6 口蹄疫(こうていえき)に関する会話文の適語補充。過去の出題と比較して斬新な内容であった。

新高3生へのアドバイス

◆センター試験地理Aの特徴

 センター試験地理Aでは、教科書や学習指導要領の内容に沿って、生活・文化や地球的課題などの重要事項や、地理的な技能(地図や写真、統計の読み取りなど)の習熟度を、多角的に幅広く問う出題がなされています。地理Bの出題と内容面で比較した場合、地理Aでは「地理的技能と調査」「世界の生活文化と環境」「近隣諸国の生活と文化」「地球的課題と国際協力」といった単元が重視されていることに注意しましょう。地域としては、地理Bと同様に身近な地域を含みつつ、日本の諸都市をはじめとして世界各地の問題がバランス良く配置されています。また、細かい知識を問うような設問よりも、地図や写真、統計など各種資料の読み取りと関連づけた出題が多くなっています。つまり、基礎的な知識をベースとした情報処理、思考、判断の能力を試す出題が中心となっているといえます。

◆日ごろから世界の動きに関心をもつこと

 このような出題傾向に対し、断片的な知識の丸暗記では対応できません。知識と知識のつながりを意識した学習の積み重ねが必要です。特に、貿易や人的交流などの国家間の結合に関する「統計」の理解は重要です。数値を覚えるのではなく、統計の背後にある意味を考える習慣を身につけましょう。また、衣食住など世界各地の民族や文化に関する広い素養をつくっていきましょう。そのためには、テレビのクイズ番組やニュース、新聞記事などへの日ごろからの関心も求められます。

◆写真・地図資料にも注意しよう

 地図や図表などの資料、特に写真を使った出題の割合が高いのはセンター地理Aの典型的な特徴です。毎年、図、写真、表をあわせて30点近くが用いられています。写真利用問題については、資料集に掲載されている世界各地の景観、民族衣装、家屋などの写真を普段から意識して見るようにすることが有効です。自分が知らない地名が出てきた際には、必ず地図帳を開き、その位置を確認する学習を徹底するようにしましょう。

◆独特な出題形式に慣れることが大事

 統計問題・地形図の読図問題や組合せ式の6択問題など、独特な出題形式への慣れも欠かせません。問題の質や量と試験時間を見比べると、本番ではけっして時間的なゆとりはありません。10年分程度の過去問演習はもちろんですが、東進のセンター試験本番レベル模試(地理Bの受験によって十分に地理Aの対策になる)を定期的に受験して、(1)頻出項目のマスターと最新傾向の把握、(2)出題形式への順応、(3)時間配分のトレーニング、といった点を強化することをおすすめします。

新高2生へのアドバイス

◆「地理A」という科目の特徴

 地理Aは、地理Bと比べて高校での単位数が少ないので、「範囲がせまくて易しい」と考えられがちです。しかし、過去のセンター試験での出題を比較した場合、地理Aが易しいとはいえません。地理Aは地理Bと比べて受験者数が極端に少なく、平均点の単純な比較には意味がありません。両者に共通問題があることなどを考慮すると、難易度の差はないと思われます。したがって、安直な考えで地理Aを選択するのは考えものです。参考書や問題集の多くは「地理B用」になっているため、学習の便宜や情報の面で苦労する可能性もあります。それでも地理Aのほうが合っているという人は、ぜひチャレンジしてください。上手に学習すれば地理Bよりも早くマスターできる可能性があります。

 なお、2020年度から行われる「大学入試共通テスト(新テスト)」の試行調査(2017・18年に実施)において、地理Aは実施されませんでした。地理B試行問題から推測すると、現行のセンター試験と大きな違いはないものの、地誌の知識よりも地理的な思考力や資料の読み取り技能を重視した組合せ式の設問が増えるものと考えられます(本年度中に地理Aの問題例が公表される予定です)。

◆今のうちにやっておきたいこと

 (1)一通りのことが書かれた本を読んで、地理という科目の「雰囲気」をつかんでおきましょう。いきなり教科書を読むのが難しい場合は、『山岡の地理B教室』(東進ブックス)のような入門書を利用してください。なお、地理Aの学習内容の多くは地理Bの各単元に含まれているので、参考書や問題集は地理B用のものである程度代用できます。

 (2)地図帳に慣れておきましょう。地理における地図帳は、英語学習における辞書のような存在です。各地方の並び順、地図上のさまざまな約束、索引の使い方、などを体で覚えておきましょう。知らない地名が出てくるたびに地図帳を開く習慣を身につけてください。

 (3)東進では「ベーシック地理」など、基礎レベルの講座を用意しています。これらを高2のうちに受講しておけば、無理なく高3での対策学習につなげられるでしょう。

 (4)さまざまなメディアも利用しましょう。TVの特集、クイズ番組、ニュースなどや新聞の国際面の記事、インターネットで得られる情報などを積極的に活用することで見識を広げてください。世界各地域の生活や文化が多く問われる地理Aの場合、学習を進める上で有利となるでしょう。

 そして、「地理は暗記科目ではなく、考える科目である」ことをしっかり理解しておきましょう。地誌の知識が重視される地理Aにおいても、学習の決め手は「理屈で考える」ことです。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも