日本史B

 時事要素の強いテーマが問題文・設問となり、形式面でシンプルな問題が目立った。

【難易度】昨年並み

【全体概観】

 大問数6題、小問数36問の問題数は昨年と同様で、2016年度に変更された大問ごとの配点は、今年も踏襲された。昨年は、地図と写真の組み合わせや視覚資料を四つ用いた問題など、近年では珍しい形式の設問もみられたが、今年は視覚資料が全く用いられなかった。一方で、昨年と同様に、史料の読解を求める設問が目立った。第3問でテーマとされた年号(元号)については、2019年5月から新元号となることを意識した出題だと考えられる。

◆時代

 旧石器時代~弥生時代を正面から扱った問題は昨年同様みられなかったが、戦後史からの出題が昨年度より2問増加し、幅広い範囲(1990年代まで)が対象とされた。

◆分野

 例年通り、政治・社会経済・外交・文化とバランス良く出題され、昨年減少した対外関係史も例年並みの分量となった。

◆出題形式

 第1問は会話形式かその他の形式(2017年は「手紙」の形式)、第6問は人物史かテーマ史(2016年・2017年)だったが、今年は第1問が会話形式、第6問がテーマ史(日米関係)のパターンで出題された。近年では図版を用いた年代整序問題が出題されていたが、今年はみられなかった。年代整序問題は1問減少した(15年度3→16年度4→17年度6→18年度5→2019年度4)。

◆史料

 史料(円仁『入唐求法巡礼行記』、那須国造碑文、「安房国川名村と金尾谷村での採草地をめぐる争論」、「占領軍進駐ニ伴フ報道取扱要領等」)、が設問の素材として用いられた。

設問別分析

【第1問】地名とその土地の歴史

 2016年では大学生の日記、2017年では大学生の手紙というかたちで問題文が構成されていたが、2015年までの会話形式が昨年復活し、今年も踏襲された。北海道史や沖縄史を正面からテーマとしているわけではないが、2013年第1問(北海道や沖縄を対象とする会話文)と類似した要素をもつ設問が目立った。

 古代から現代まで出題範囲が広いのは例年通りであるが、昨年と異なり、四つの図・写真を判断させる問題や、写真と地図を組み合わせる問題といった、やや複雑な形式の設問がみられなかったため、(問3)の史料読解に時間を割くことができたはずである。第1問特有の、複数の時代にまたがる設問(問2)に対応するためには、時代観を養っておく必要がある点に注意したい。

問2 時期が異なる誤文と論理的に誤りのある誤文が混在しているため、熟読しなければ正誤判断しにくい選択肢群だった。例えば「江戸時代→寛永通宝」だけを確認して、短絡的に判断しないようにすべきである。

問3 長文の引用であり、読解にやや時間がかかっただろう。しかし、史料前半部がX、後半部がYに対応しており、注を読んでいけば、史料全体をほぼ現代語に置き換えることができるようになっている。そのため、遣唐使や円仁に関する知識を十分にもっていなかったとしても、時間さえかければ判断できる設問だった。

問4 北海道旧土人保護法に関連する設問は2002年第5問、自作農創設特別措置法に関連する設問は2000年第6問で出題されている。

問6 徳永直に関連する設問は2012年第6問で出題されている。

【第2問】原始・古代の歴史研究と資料

 2017年、「世界の記憶」に「上野三碑」が登録された。そのうちの一つはBのリード文にある山上碑である。問題文は、近年の歴史研究を反映したものとなっていた。

 史料問題については、鹿子木荘の史料(2015年度)・「魏志」倭人伝(2014年度)・『宋書』倭国伝(2013年度)というように教科書に記載されている基本史料が出題されるパターン、または、多くの受験生にとって初見となる史料(2018年の大仏開眼供養〔『続日本紀』〕など)が引用されるパターンがみられるが、今年は後者の初見史料(問4「那須国造碑文」)のパターンだった。

問1 「最も関係の深い出来事」という問い方は、センター試験日本史Bにおいて、やや珍しい出題形式である。史料は引用されていないものの、弥生時代の倭(わ)のようすを記した『漢書』地理志、『後漢書』東夷(とうい)伝、「魏志」倭人伝の史料内容を把握していれば対応できただろう。

問4 検非違使や受領に関する設問は、2013年第2問でも出題されている。

問5 史料読解問題は、純粋な日本語の文章読解力だけで解けるわけではない。本問では、Yについては、(注2)「飛鳥浄御原宮の朝廷」を確認して天武天皇や持統天皇の時代を想起し、「大宝律令」(完成・施行は文武天皇の時代、当時の宮都は藤原京)とは時期的に異なると判断する必要がある。

問6 設問文を最後まで確実に読まなければ誤文を選択できない。設問文の前半は正文であっても、後半の部分に誤りがあることを見抜けなければならない。負名体制に関する理解を問う問題だったといえる。

【第3問】中世の政治と社会

 平成最後の年となった2019年の問題では、年号(元号)に関する問題が出題されるだろうと予想できた受験生もいただろう。昨年は図(『大山寺縁起絵巻』)を用いた問題が出題されたが、今年は史料引用も図もなく、シンプルな問題群だった。

問2 「法や慣習を無視した専制的な政治」や「知行国の制度が院政の経済的基盤とされた」などは、部分的には正しい。設問文全体をよく読まなければ誤文だと判断できない選択肢だった。

問4 一見しただけでは、「『応永という年号』の時期の出来事」は、難しいと感じたかもしれない。しかし、問題文に「この年号が正長に改められたのは、元将軍義持の没後」とあり、これをヒントにできれば正解を導くことができる。なお、「寧波の乱」は、第2回センター試験本番レベル模試でも出題していた。

問6 室町時代から戦国時代の地方社会に関する正誤組み合わせ問題。やや判断しにくいが、この形式の設問は、a・b(もしくはc・d)のいずれかが正文・誤文であるため、二つの文を比較して判断すればよい。

【第4問】近世の社会・政治・文化

 昨年は、空欄補充が小問二つ出題されるパターンであったが、今年は1問のみに減少した。第4問での初見史料の出題は、定番となりつつある。(問4)は盲点ともいえる文化史分野からの出題で、得点差が開く問題だったと思われる。

問1 「小物成」は、第1回センター試験本番レベル模試で出題していたため、受験していた人は有利だっただろう。

問2 村請制、助郷役、村入用、結(五人組との違い)といった用語を正確に理解しているかが問われている。

問3 受験生にとって初見と考えられる史料。Xは史料と注を丁寧に読み進めれば正文だと判断できるが、Yについては「入会」から入会地(共同利用地)を想起し、「共同利用」は正しいと判断すべきだった。読解タイプの設問は、基本的な歴史用語の理解を確認する性格をもつものでもあると、認識しておきたい。

問4 空欄アの川柳と狂歌の判別で迷ったかもしれない。古い問題になるが、「大田南畝」「狂歌」は1992年度本試験で出題されている。

【第5問】近世・近代における公家と華族

 日本史A(第2問)との共通問題。かつては、2013年度の「明治期の特許制度」・2014年度の「明治期の租税制度」のように、テーマ的に難易度の高いものが目立ったが、2015年度の「明治期の立法機関」、2016年度の「明治期の地方制度」、2017年度の「大坂(大阪)」、2018年度の「軍制改革と西洋医学」に続き、比較的取り組みやすいテーマ(「近世・近代における公家と華族」)が取り上げられた。

 第5問では、かつてグラフ・表を用いた設問がみられたが、昨年に続き史料や視覚教材を用いた問題が1問も出題されなかった。また、昨年と同様の範囲である「幕末から明治維新」が出題され、井伊直弼・孝明天皇・廃藩置県など同一用語も多く、過去問演習を徹底していれば容易に解答できたと思われる。

問1 幕末・維新期の歴史用語や、やや区別のつきにくい歴史用語の判断が求められている。理解を優先して学習を続けていた受験生にとっては易しいが、単純に用語を暗記する作業を繰り返していた受験生は苦戦したかもしれない。

問3 「明治初期の東京」は、2020年に東京オリンピックを控えていることを考えると、時事的要素も意識した設問といえるかもしれない。

【第6問】近現代の日米関係

 日本史A(第4問)との共通問題。

 第6問は、これまで、人物をとりあげた問題(「漫画家手塚治虫」〔2014〕、「作家林芙美子」〔2015〕、「石橋湛山」〔2018〕)と、テーマ史(「オリンピック」〔2016〕、「近現代の公園」〔2017〕)の2パターンがあった。今年は、テーマ史(「日米関係」)として出題された。日米関係は頻出テーマの一つであるため、多くの受験生が安心して取り組むことができたと思われる。

問2 大久保利通(2017年第5問)、吉田茂(2018)に引き続き、人物(幣原喜重郎)に関する設問が出題された。著名な政治家については、情報を整理しておきたい。

問3 広いスパン(明治期から昭和終戦直後まで)を対象とする設問。2015年度第1問では、海外移住者をテーマとする設問が出題されていた。過去問にしっかり取り組んでいた受験生は有利だっただろう。

問4 「抑制する」「増加させる」という歴史用語ではない語句の選択が求められている。用語を暗記しているかではなく、理解しているかを問う設問だった。

問6 昨年引用された史料(石橋湛山「池田外交路線へ望む」)は最後の設問として出題され、長文だったので、読解に時間が不足して焦った受験生もいただろう。今年の史料は引用部分が少なかったので昨年よりも取り組みやすかった。プレス=コードについて理解していれば読解の一助となったと思われるが、読解問題としては注も少なく、正誤判断のしやすい設問だった。

新高3生へのアドバイス

◆通史の学習とともに、演習も並行して進めよう!

 皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。十分な対策をして本番に臨みましょう。

 日本史の学習は、理解を深める通史学習と問題演習が大きな柱です。通史学習で学んだ知識を答案に反映できるかどうかは、問題演習によって確かめてみるしかありません。センター試験・日本史Bでよくみられる文章選択形式の問題に真剣に取り組めば、単純な丸暗記では太刀打ちできず、真に理解できているかどうかが重要であると気づくでしょう。

 第1問のテーマ史は、通史を全て終えていないと取り組みづらいかもしれませんが、第2問は原始・古代、第3問は中世というように、第2問~第6問は時代ごとに大問が構成されています。通史学習と問題演習をうまく組み合わせて学習を進めてみてください。

 センター試験・日本史Bには、受験生の学力を測るための、さまざまな形式の良問が並んでいます。空欄補充・年代整序・文章選択や、過去問にみられるような図版や史料を用いた問題など、一定のパターンを把握しておけば、通史の学習の際にどのようなことを意識したらよいのかがみえてくるはずです。

◆「考えながら」覚える習慣をつけよう!

 教科の性質上、日本史に暗記的要素が強いことは間違いありません。とはいえ、前述の通り、単純な暗記だけでは、知識は定着しづらく、入試問題への対応も危うくなります。

 日本史の学習において、最良のバイブルは教科書です。そのことを認識していても、教科書を精読する習慣を身につけている受験生はそれほど多くはありません。単純な作業のように思えてしまい、教科書を精読することが継続できないとすれば、それは、「考える」ことをしていないからだといってよいでしょう。

 センター試験では、限られた時間内で正確に解答する力が求められます。そのためにも、「考える」日本史学習を習慣にしていきましょう。

 文化史(仏像彫刻)を例にとれば、仏像彫刻を把握していく際に、(1)ほかの時代で扱う仏像彫刻と比較する、(2)写真で確認してその特徴を考える、(3)当時の仏教はどのような性格をもっていたのかを把握する、(4)政治・外交・社会など他の分野との関連性を確かめる、など複数の視点で歴史を捉えることを意識して、読み方を変えてみましょう。そうして考えてみたことを自分でノートにまとめれば、立派なサブノートができあがっていきます。

◆模試を有効に活用しよう!

 学習の習慣をつけるのは、容易ではありません。そこで勧めたいのが模試の受験です。東進の「センター試験本番レベル模試」は、「全国統一高校生テスト」も含めると年間全6回、「難関大本番レベル記述模試」と「有名大本番レベル記述模試」はそれぞれ全5回、実施されます。また、直近の東進模試では、第1回センター試験本番レベル模試(2019年2月24日実施)や、記述式の高2レベル記述模試(2019年3月10日実施)などが新高3生を対象としています。

 これらは、受験日本史に精通した作題者によって作成されています。学習のペースメーカーとするためにも、これらを受験しましょう。

新高2生へのアドバイス

◆歴史に興味をもとう!

 2021年1月に、これまでのセンター試験にかわって大学入学共通テストが実施されます。日本史でも、「考える」学習の重要性が今以上に増していきます。現在・未来を考える上で「過去」の認識は不可欠です。

 近年では、中国、韓国、北朝鮮など近隣諸国と日本との緊張がニュースになることもしばしばあります。こうしたニュースを見聞きする際に、「どのような歴史的背景から、緊張が生じているのか」といった問題意識をもてば、歴史を学ぶことの意味や重要性を認識できるのではないでしょうか。

 「歴史なんて学ぶ意味がない」「過去のことを考えるのは面倒」などと否定的にとらえてしまえば、日本史は当然つまらない教科になってしまいますし、得点も伸びていきません。大学入学共通テストでは、史料文、表・グラフ、写真・図などの資料を分析したり理解を求めたりする出題も想定されています。まずは暗記重視ではなく、歴史に興味をもち、考察する姿勢を養いましょう。

◆教科書を重視しよう!

 教科書を軸に学習を進めましょう。本文の精読が不可欠なのはもちろんですが、史料文や図、グラフなども重視して下さい。ただし、眺めるだけでは実力はつきません。そうした資料から何が導けるかなどと考察するようにしましょう。

 共通テストでも、これまでのセンター試験の傾向をふまえれば、限られた時間内で正確に解答する力が求められることでしょう。その力を養うためには、日常から多くの素材に触れておくことが不可欠です。

 歴史上の出来事は評価の難しいものが少なくありませんが、教科書には、日本の歴史が簡潔かつ客観的に記述されています。国際化が顕著となっている今日において、主観を排除した日本史の把握は、受験のためだけではなく、みなさんが社会人となったとき、ビジネスの場面で大きな役割を果たすことになるはずです。

 どうしても教科書を精読する習慣がつかないのであれば、一度に多くのページを読もうとするのではなく、「今日は奈良時代の政治を把握する」「明日は飛鳥文化を理解する」など、自分でテーマを設定して読む部分を絞って精読し、教科書を閉じたあと、そこには何が書いてあったのかをノートにメモするようにしてみてください。こうした習慣は、やがて大きな力になっていきます。

◆模試を有効に活用しよう!

 2021年に実施される大学入学共通テストは、過去問がない試験です。高得点をめざすのであれば、多様な出題形式に慣れておくために、センター試験本番レベル模試だけでなく、さまざまな模試の受験を検討しましょう。

 与えられた資料を分析して論述する問題を含む難関大本番レベル記述模試、基本的な日本史の知識を確認できる有名大本番レベル記述模試などの受験は、得点力を確実に高める役割を果たすでしょう。

 「センター試験本番レベル模試」は、「全国統一高校生テスト」も含めると全6回、難関大本番レベル記述模試、有名大本番レベル記述模試は全5回実施されます。これらは、受験日本史に精通した作題者によって作成され、大学入学共通テストを意識した問題も含まれています。また、『解答解説』では、初学者でも理解しやすいように、(1)図や表を用いる、(2)ルビを多くふる、(3)理解を深めてもらうための【参考】や【整理】を設ける、といった工夫が施されています。

 受験会場の雰囲気にふれたり、成績がどのような状態にあるのかを把握したりすることは、モチベーションの向上につながります。学習のペースメーカーとするためにも、ぜひ、東進の模試を受験してみてください。(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも