[PR]

 卓球の全日本選手権は20日、大阪市のインテックアリーナ大阪で女子シングルス準決勝があり、2連覇を目指す18歳の高校3年生の伊藤美誠(スターツ)が、同学年で初の4強入りを果たした早田ひな(日本生命)を4―0で破り、決勝進出を決めた。伊藤は午後3時開始予定の14歳の木原美悠(日本生命)との決勝で、女子では史上初となる2年連続のダブルス、混合ダブルスとの3冠を目指す。

 前日のダブルスで2連覇を達成した2人が、シングルス準決勝の舞台で相まみえた。先手を取ったのは伊藤。第1ゲームの立ち上がりから4連続得点。フォア、バックの両ハンドとも、持ち味の自由奔放なスイングから繰り出すサーブレシーブで優位に立ち、このゲームを11―7で奪った。

 第2ゲームは流れが目まぐるしく変わった。まずは早田がサーブを軸に立ち上がりから3連続得点。だが、次第に伊藤のペースになって5連続得点で逆転した。その後は一進一退の攻防で、9―9から伊藤が2連続得点で11―9で連取した。第3ゲームは伊藤が1―2から5連続得点して6―2。以後も流れを渡さず、11―7とした。

 第4ゲームは早田が持ち味の両ハンドの強打を見せて食らいついたが、7―7から伊藤が3連続得点。11―9で試合を決めた。

 伊藤は試合後「すごく苦しい試合だった。1ポイント取るごとにすごく集中して試合ができたと思う」と振り返った。6回戦で女子の第一人者・石川佳純を破るなど、好調を維持してきた早田は「勢いだけでは勝てないと思った。相手は自信を持ってプレーしていた。自分は20%くらいの力しか出せなかった」と語った。