[PR]

 卓球の全日本選手権は20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男子シングルスの決勝があり、水谷隼(木下グループ)が、初優勝を狙った大島祐哉(同)を4―2で破り、男女通じて史上最多の10度目の優勝を手にした。

 試合終了後、水谷は会場でのインタビューで「今回、V10を達成できたら、この全日本選手権で最後だと思っていたので、今年で最後の全日本選手権にしたいなと思っています。ここで勝って、この舞台を去りたいという気持ちが強くて、また節目の10回ということで、来年は出場しないんじゃないかと思います」と語った。会場の観客からは「うそでしょう」など、驚きの声が聞こえた。

 13年連続の決勝進出となった水谷。第1ゲームは大島の持ち味のフォアハンドの強打に押され、11―13で落とした。だが、第2ゲームは持ち味の多彩なサーブに加えて「今大会は調子が良い」と前日の準々決勝後に語っていた中陣からのフォア攻撃が効き始め、形勢逆転。11―6で奪い返した。

 第3ゲームからは台上での細かい技術でも主導権を握り、大島がフォアで決めに来る強打をバックハンドでブロックするなどして11―7で連取。第4ゲームは序盤からの連続得点があり、11―6で奪った。第5ゲームは9―11で落としたが、第6ゲームは11―5でとり、10度目の優勝を決めた。