最も裕福なフィリピン人として知られたフィリピンの大手財閥SMインベストメンツ創業者のヘンリー・シーさんが19日、死去した。フィリピンメディアが伝えた。94歳だった。

 1924年、中国・福建省生まれ。事業をする父を追って12歳でフィリピンに移住し、マニラで靴店を開いた。85年から靴店(シューマート)の頭文字をつけたSMショッピングモールを開くなど、商業施設を各地に展開。不動産や銀行業にも進出し、一代で財を築いた。

 米経済誌フォーブスの長者番付ではフィリピン人として長年、首位を続け、資産総額190億ドル(約2兆800億円)とされる。(マニラ=鈴木暁子)