[PR]

 全日本アンサンブルコンテスト第39回岩手県大会(県吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)が20日、奥州市文化会館であり、小学校の部10団体、高校の部32団体、職場・一般の部10団体が演奏した。

 2月9日に仙台市で開かれる東北大会に出場する県代表には、小学校の部では岩手大付(盛岡)の木管五重奏、野田のフルート三重奏の2団体、高校の部では釜石のフルート三重奏、盛岡三のサクソフォン四重奏、黒沢尻北(北上)の金管八重奏、花巻北の金管八重奏の4団体、職場・一般の部ではパシフィック・ブラス・オルケスタのクラリネット三重奏が、それぞれ選ばれた。県代表の各団体はいずれも金賞を受賞した。

 県代表以外の成績は次の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース