[PR]

 19日から20日かけて開催されている第12回朝日杯将棋オープン戦の名古屋対局では、対局者や解説者、聞き手の昼食は事前に準備したメニューからあらかじめ選んでもらっている。

 初日は、①八丁味噌とんかつセット②ジャンボ海老フライセット③うなぎひつまぶし・お茶漬けセット④名古屋きしめんセットの中で、うなぎひつまぶしが圧倒的人気だった。ベスト4に勝ち上がった行方尚史八段もこれを選んでいた。2日目も佐藤天彦名人、稲葉陽八段、木村一基九段らがうなぎひつまぶしセットを注文し、一番人気だった。

 注目の藤井聡太七段はジャンボ海老フライセットを頼んだ。愛知県瀬戸市在住の藤井七段にとっては「名古屋めし」は特に珍しいものではないのだろうが、師匠の杉本昌隆七段は「比較的珍しい」と言う。一緒によく行く洋食屋ではカレーやハンバーグを頼むことが多く、海老フライを頼んでいるのをあまり見たことがないという。

 長時間の持ち時間の対局では合間の休憩時間に昼食や夕食を食べるため、あまりもたれない麺類を頼むことが多い藤井七段。今回は1回戦と2回戦の間に食べる食事だ。どういった理由で海老フライを選んだのだろうか。

①八丁味噌とんかつセット=糸谷哲郎八段

②ジャンボ海老フライセット=藤井聡太七段

③うなぎひつまぶし・お茶漬けセット=佐藤天彦名人、稲葉陽八段、木村一基九段(解説)、長谷川優貴女流二段(聞き手)

④名古屋きしめんセット=山口絵美菜女流1級(聞き手)(村上耕司)