[PR]

 第46回福島県アンサンブルコンテスト(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は最終日の20日、いわき市のいわき芸術文化交流館アリオスで高校、大学、職場・一般の3部門の審査が行われ、6団体が東北大会に進む県代表に決まった。40団体が出場した高校の部では、磐城のサクソフォン六重奏など3団体と湯本のサクソフォン六重奏が代表に選出された。同部門のいわき勢による独占は6年連続。4月に校名を変更するいわき明星大は、現校名で最後の東北出場になる。

 東北大会は来月9日、仙台市泉区の仙台銀行ホールイズミティ21で開かれる。

 審査結果は次の通り(出演順、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース