[PR]

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝大会は20日、広島・平和記念公園前発着の7区間48キロのコースで争われ、福島が2時間19分43秒で東北勢初の優勝を飾った。1区を4位で滑り出した福島は、5区の松山和希(学法石川高)が2人を抜いてトップに立った。6区で群馬に抜かれて2位に後退したが、アンカーの7区相沢晃(東洋大)が区間賞の走りで25秒差を逆転した。2位は群馬、3位は長野だった。

(スタート時の天候は晴れ、気温14・8度、湿度48・7%、東南東の風0・7メートル)