特養老人ホームでインフル集団感染、4人死亡 秋田

有料会員記事

山谷勉
[PR]

 秋田県羽後町の特別養護老人ホーム「松喬苑(しょうきょうえん)」でインフルエンザの集団感染が発生し、入所していた90代の女性や、80代の男性2人と女性1人の計4人が、インフルエンザA型の感染が確認された後、肺炎や心不全、呼吸不全で9日から19日にかけて亡くなった。

 20日に記者会見した施設や県によると、2日に疑い例も含め6人の感染が確認されていたが、7日には22人に増加。4人部屋しかなく、感染者を同室にした上で、カーテンで仕切るなどし、医療機関と相談しながら対応していた。伊藤俊彦施設長(58)は「感染の広まりがあまりにも早く、対応に追われ隔離部屋を用意できなかった」と話した。

 20日午前11時現在、入所…

この記事は有料会員記事です。残り164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら