[PR]

 第41回全国高校柔道選手権石川県大会(県柔道連盟主催、朝日新聞金沢総局、北陸朝日放送など後援)の団体戦が20日、金沢市小坂町の県立武道館であり、男子は津幡が6連覇、女子は金沢学院が2連覇をそれぞれ果たした。両校は3月に日本武道館(東京)で開かれる全国大会に出場する。

 女子は5校が出場し、3人の点取り戦で争った。決勝は昨年に引き続き金沢学院と津幡の対戦となった。

 金沢学院1勝1分けで迎えた大将戦。金沢学院の中森華音選手(2年)は前日の個人戦無差別級で優勝、対する津幡の小坂愛美選手(2年)は63キロ級で優勝した実力者同士の戦い。

 小坂選手は準決勝の金沢戦、背…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら