[PR]

 中高年が生きがいをもって生活するヒントを得るイベント「人生100年サミット」が20日、静岡市葵区の静岡駅ビル・パルシェであった。スマホゲームをつくった若宮正子さん(83)の講演会があり、市民ら約150人が参加した。

 若宮さんは神奈川県藤沢市在住で、60歳からパソコンを独学。2017年にはゲームアプリを配信し、米アップルのティム・クックCEOに「最高齢プログラマー」と言われた。

 講演でクック氏との会談に触れ、「あいさつ程度かと思ったらどっしり構えてくれたので、年寄りにとってスマホは使い勝手が悪いと伝えた。クックさんに言うことが一番効果があるでしょ」と話した。

 さらに「創造的でありたいと思ってきた。人工知能などITが発達する時代こそ、経験豊かなシニアの時代になる。人生に『もう遅い』はない。70、80代は伸び盛り」と場を湧かせた。(宮川純一)