[PR]

 安倍晋三首相は21日午後、モスクワでのプーチン・ロシア大統領との会談と、スイス・ダボスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するため、羽田空港を政府専用機で出発。22日午後(日本時間同日夜)に日ロ首脳会談に臨む。

 両首脳は昨年11月、平和条約を締結後に歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を日本に引き渡すことを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に、平和条約交渉を加速させることで合意。今月14日には交渉責任者の両国外相が交渉した。だが北方領土の主権や、返還後の島に米軍基地が置かれる可能性などをめぐり、ロシア側は強硬姿勢を崩していない。

 首相はその後スイス入り。23日午前(日本時間同日夜)のダボス会議では、6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の議長として講演する。